つぶやき街角北西部ルート
③・見 番 通 り 入 口

( スカイ姫のつぶやき19 )

                                          ト ッ プ ペ ー ジ ヘ

バ ス 停 ル ー ト 一 覧 表

 
                   リンクします
 
(隅田川土手沿い)    (隅田川墨堤通り沿い)      (見 番 通 り) 






         



(隅 田 川 土 手 沿 い)

          葛 飾 北 斎
Susanoo no Mikoto Yakujin Taiji no Zu
(Killing the God of plague)


須佐之男命厄神退治之図 





            





              


須佐之男命厄神退治之図

 葛飾北斎晩年期の傑作といわれている、縦1.2m余、横2.8mに及ぶ大きな板絵です。北斎は弘化2(1845)年頃、牛嶋神社(現在向島1丁目)付近に住んでいたと伝えられ、「須佐之男命厄神退治之図」を奉納しました。この作品は悪病をもたらす厄神たちに今後は悪事を働かないように須佐之男命が証文を書かせている場面を描いたものです。画面右下には「前北斎卍筆 齢八十七歳」の落款があります。残念ながら大12(1923)年、関東大震災で消失してしまいましたが、現在は原寸大の復元パネルが牛嶋神社の社殿に飾られています。

This is said to be Katsushika Hokusai' s masterpiece created near the end of his life.It is a large picuture drawn on a board 1.2m in height and 2.8m in width and it is said that Hokusai created it around 1845 while he was living near the Ushijima Shrine (currently Mukojima 1-Chome), and it was dedicated to Susanoo no Mikoto Yakujin Taiji no Zu. This work depicts a scene in which Susanoo no Mikoto is writing a letter to the god of pestilence imploring tim not to spread disease in the future. The seal of Zen Hokusai Manji- Hitsu(signature), 87 Years Old is located in the bottom right-hand
corner. Unfortunately this picuture was destroyed during the Great Kanto Earthquakeof 1923, and a restored version of the panel in the same dimensions is currentlydisplayedin the main building of the Ushijima Shrine.






                葛 飾 北 斎
Shinpan Ukie Mimeguri Ushi no
Gozenryousha no Zu

新板浮絵 三囲牛御前両社之図





                  





             


新板浮絵 三囲牛御前両社之図

版元・伊勢屋利兵衛から板行された「新板浮絵」の一枚です。 浮絵とは西洋の遠近法を取り入れた浮世絵技法の一つで、手前が浮き上がって見えることから名づけられました。文化(1804~18)中期、葛飾北斎50歳頃の作品とされています。手前に鳥居のあたまだけ見えているのが特徴的な三囲神社は隅田川沿いの名所のひとつで、かつて田中稲荷と呼ばれ毎年2月の「初午の祭り」には多くの人出がありました。寛政11(1799)年のご開帳は特に盛大で北斎も作品を奉納したと伝えられています。画面左奥には牛御前 (現牛嶋神社) も描かれています。 

A print from the Shinpan Ukie series printed from the original lseya Rihee woodblock. Ukie, which means “floating picuture,”are prints using the ukiyoe techniquse to which Western styles of perspective have been added,and they are so named as the foreground seems to stand out as if floating.Katsushika hokusai created this print between 1804 and 1918 when he was around 50 years old. Only the top of the torii gate can be seen in the foreground, but the impressive Mimeguri Shrine was a famous place along the Sumida River, and many people attended the “Hatsuuma Festival”, which was known as Tanaka Inari ,held in Feburuary every year. This was Particularly popular in 1799, and it is said that Hokusai donated this work to it. [Ushi Gozen] (currently Ushijima Shrine) is written at the back of the left-hand said of the print.






           葛 飾 北 斎
Panoramic Views on Both Banks of the
Sumida River Second Volume (Total of
Three Volumes):Okawabash no Tsuki
(Moon from Ohkawabashi Bridge)
Koume no Hakusen(boat)
 
大川橋の月 小梅の泊松 ( 船 )
 





             





             


大川橋の月 小梅の泊松 ( 船 )

隅田川の1年を描いた狂歌絵本『隅田川両岸一覧』は全3巻25作品で、隅田川両岸の様子を中心に高輪から吉原までを描いたものです。中巻に収められたこの作品は大川橋(現在の吾妻橋)のあたりが描かれており、現在の墨田区役所はこの絵の中では大川橋の真上にあたります。大川橋の左の小さな橋が北十間川に架かる枕橋です。画面手前には御休處でくつろぐ人たち、タライを回して子どもたちと戯れる人、そして茶店に集う人々の活き活きとした様子が描かれています。また橋の上やたもとにはたくさんの人たちが往来し、当時の賑わいを知ることができます。

The Panoramic Views on Both of the Sumida RIver is a seriesof comical tanka prints consisting of 25 prints in three volumes portraying a portion of both banks of the Sumida River from Takanawa to Yoshiwara over the course of one year. This print comes from the third volume and depicts the area around the Okawabashi Bridge(currently the Azumabashi Bridge), and the currentSumida Ward Hall would be located directly above the Okawabashi Bridge as it is shownin the print.The smallbridge to the left of Okawabashi Bridge is a block bridge that spans the Kitajikken River. It portrays a lively scene in which the forefront showspeople elaxing in a rest area, children and peopleplaying by twirling a pan on a pole, and people gatheringat a tea shop. A lot of people can also be seen on the bridge and at the foot of the bridge, which provides us wiht a glimpse of the bustle prevalent at that time.






                  
王 選 手 の 野 球 場

世界の ホームラン王、巨人軍王貞治氏も
この 野球場から育ちました。

住 所 / 向島5丁目





             






          






             





                 

隅田公園少年野球場
この少年野球場は、昭和24年戦後の荒廃した時代に「少年に明日への希望」をスローガンとして、有志や子ども達の荒地整備による汗の結晶として誕生した日本で最初の少年野球場です。以来数多くの少年球児がこの球場から巣立っていったが、中でも日本が誇る世界のホームラン王巨人軍王貞治氏もこの球場から育った一人です。
    昭和61年3月
                              墨田区教育委員会






               言問い団子と郡司大尉

言問い団子の裏手にある桟橋からは、明治26年3月
20日千島開拓に向かう郡司大尉率いる5艘の端艇が
出発しました。この時、大尉の弟幸田露伴はこれに
同乗して横須賀まで見送っている冒険家で北方領土
の問題を憂いていた軍人さんだったそうです。

住 所 / 墨田区向島5-5-22 





            










「郡司大尉千嶋千守嶋遠征隅田
川出艇之實況」歌川小国政画
   
言問団子と人力車 (明治期)  
   

大正13年頃の言問団子


The dumpling that inspired the naming of Kototoi
Bridge and Kototoi Syreet
Kototoi Dango and Lieutenant Gunji

言問団子と郡司大尉

江戸後期、向島で植木屋を営んでいた外山佐吉は、文人墨客に手製の団子を振る舞う「植佐」という団子屋を開くと、花見客や渡航客の間でも人気となった。明治元年、長命寺に逗留していた歌人の花城翁より、在原業平が詠んだ
「名にしおはゞ いざ言問はん都鳥 我が想う人は ありやなしやと」
に因んだ命名の勧めを受けた佐吉は「言問団子」と名づけ、業平神社を建て、都鳥が飛び交うこの辺りを言問ヶ岡」と呼んだ。明治11年、佐吉が始めた灯籠流しによりその名は広く知られていった。後に「言問」は、言問橋や言問通りなどの名称で定着したが、ルーツは「言問団子」である。また、この裏手にある桟橋からは、明治26年3月20日千島開拓に向かう郡司大尉率いる5艘の端艇が出発している、隅田川両岸はこれを憂国の壮挙と称える群衆で埋まり、花火が打ち上げられ、歓呼の声と楽隊の演奏が響く中での船出であった。この時、大尉の弟幸田露伴はこれに同乗して横須賀まで見送っている。

This district was originally named Kototoi-ga-oka by gardener Toyama Sakichi, inspired by the word kototoi (to speak or exchange words) in a poem penned by Ariwara no Narihira, Toyama went on to build the Narihira Shrine and open a dumpling store, where Kototoi Dango (dumplings) were born. In 1893, an expendition bound for the Kuril Islands was launched from a jettynear here under the command of Lieutenant Gunji.






             常 夜 燈

牛嶋神社の氏子によって奉納されたもので、
隅田川を往来する川舟のための灯台の役目
もしていたそうです。
高さは5mをこえるそうです。
住 所 / 向島5-1

 





             






        

隅田公園散策解説板  ⑥

常夜燈と渡し舟

隅田川の水運と向島風情の象徴

Joyato and ferryboats-water transportation of Sumida River
and the symoal of Mukojima taste

この常夜燈の置かれている場所は、かつて牛嶋神社の境内地でした。牛嶋神社は隅田公園の整備とともに現在地に移転しましたが、この常夜燈だけはここに残されました。それは墨堤における重要な目印であったためです。この付近にはかつて「竹屋の渡し」が設けられ、春の花見や夏の花火見物、明治に入ってからは向島の花柳界へと遊興客を数多く運んできました。まだ照明が発達していないこの時代にはこの常夜燈の明かりが非常に重要な役割を果たしていました。また、明治の画家達は墨堤の桜とこの常夜燈を好んで組み合わせることにより向島の風情を描きました。当時の向島の格好のシンボルとしてその姿を今に伝えています

The place where put this “Joyato (night-light)” was precinots of Ushijima shrine once. Although Ushijima shrine was relocated to its present location with construction of Sumida park. Only this “Joyato” was left behind here because it was an important mark in “Bokutei” “Takeya-no-watashi” (ferryboat) was set up this neighborhood once and many visitors were carried to sightseeing areas.They enjoyd cherry blossom viewing at spring, fireworks at summmer, and Karyukai (the world of geisha girls, women with refined manners) in Mukojima in Meiji era for instance. This “Joyato”was very important role then because lighting Technologies had not, develooed yet .In Meiji era, many painters Preferred to express the taste of Mukojima by painting the Matching of cherry blossoms in “Bokutei”and this “Joyato” It remains its figure as the suitable symbol of Mukojima in those days.






   
小林清親「墨田堤の花見」明治9年(1876)頃
(町田市立国際版画美術館蔵)
 

墨田区指定有形文化財
石造墨堤永代常夜燈
  所在地  墨田区向島5丁目  隅田公園内
  所有者  宗教法人 牛嶋神社
石造墨堤永代常夜燈(せきぞうぼくていえいたいじょうやとう)は、高さ5mを超え、琴柱(ことじ)状の脚が特徴的です。天辺の宝珠部分には牛嶋神社の社紋があり、基台上段には同神社の地位を表す「本所惣鎮守」の銘が彫刻されています。また、石組基壇には「永代常夜燈」の銘と「石工宮本平八」の名前を刻んだ石製プレートがはめ込まれています。東京府文書によれば、この常夜燈は、江戸近郊の名所の演出にあずかってきた牛嶋神社の氏子17名、具体的には植半や八百松、武蔵屋などの有名料亭の主人たちの発意によって設置されたようです。明治4年(1871)の牛嶋神社の臨時祭に併せて奉納されたもので、元来は墨堤から牛嶋神社旧地(弘福寺西隣)へ下りる坂の頂にありました。設置当時、この付近は夜になると真っ暗だったそうで、常夜燈の火が貴重な明かりとして利用されたことがうかがわれます。発起人17名が東京府へ提出した設置許可申請書にも、この付近を通行する人々の役にも立つはずだとの思いがしたためられています。この常夜燈は、設置以来、墨堤を代表する風物詩の一つとして絵画にも描かれるなどしてきました。平成28年7月21日、墨田区有形文化財に指定されました
平成29年2月
        墨田区教育委員会

Treasury stone night-light at the banks of the Sumidagawa river This lantern is one of the cultural properties in Mukojima being famous for its cherry blossoms, built by parishioners of the Ushijima-jinjya shrine in 1871.






                     隅 田 川 桜 橋 周 辺

桜橋は台東区と墨田区の姉妹提携 事業として
1980年に創架が始まり、1985年に完成
した隅田川唯一の歩行者専用橋です。
 





             






          








◆隅田川テラス
隅田川では河川テラスを順次整備しています。この河川テラスを歩くと勝鬨橋から白鬚橋まで隅田川を眺めながら散策することができます。川沿いには江戸東京の歴史や文化を今なお残している町があり、テラスを歩くと今まで知らなかった隅田川のすばらしさ、なつかしい面影に出会うことができるかもしれません。この付近には牛嶋神社、三囲神社、常泉寺、円通寺等の神社仏閣のほか、すみだ郷土資料館、藤田東湖の正気の歌碑、堀辰雄の住居跡などがあります。





             





             















        


隅田公園 散策解説板⑤
桜橋とポトマック帰りの桜
ワシントンからの贈り物
Sakura Bridge and cherry trees back from Potomac-as a present from Washington D.C
台東区と墨田区は隅田川を挟んで相対していることから、昭和52年に姉妹区協定を結びました。この記念事業として、両区にまたがる隅田公園に歩行者専用の橋を架けることを計画し、昭和60年に桜橋が完成しました。この架橋に際して、アメリカ合衆国ワシントンD.C.より桜がとどきました。ワシントンD.C.のポトマック河畔の桜並木は世界の名所のひとつになっています。この桜は明治末期頃、当時のタフト大統領夫人が東京を訪れた際に向島の桜に魅せられ、是非ワシントンに植えたいという希望に対して、当時の尾崎行雄東京市長がプレゼントしたものです。約70年の時を経て、その桜の子孫が再び向島の地に戻ってきました。

In 1977 (Showa 52), Taito-city and Sumida-city made a sister-city agreement since they are facing over the Sumida River. As a commemoration project, construction of a bridge for pedestrians along Sumida Park was planned and “Sakura Bridge”was completed.In constructing this bridge, some cherry trees were sent from Washington D.C. The cherry trees of Potomac riverside of Washington D.C. is one of the famous place in the world. The end of meiji era, Mrs. President Taft visited Tokyo. She was fascinated with the cherry blossom in Mukojima, and hoped to plant cherry trees in Washington D.C. In response to her wish Mayer of Tokyo city, Yukio Ozaki presented it to Washington D.C. After about 70 years, the posterity of cherry trees has returned to the ground in Mukojima.






              
みめぐりの土手
 

「大川の隠居」に登場します。大川(隅田川)の
土手のうち三囲神社の鳥居の貫から上が川面から
見える辺りを指したようです。
住 所 / 向島2-1





            






         

鬼  平  情  景

みめぐりの土手


「大川の隠居」に登場します。大川 (隅田川) の土手のうら三囲神社の鳥居の貫から上が川面から見える辺りを指したようです。作品名になった大鯉が現れる直前の場面で、舟から暮色に沈む風景を描写しています。土手の裏には長命寺、寺嶋のくろぐろとした木立が望まれ、目を転ずると浅草寺の大屋根が月光をうけている。概ねこのような内容ですが、両岸の寺社の位置関係がよく分かります。竹屋の渡しで結ばれたこの流域からは鬼平犯科帳には三囲神社、対岸の待乳山聖天をはじめ料亭、船宿が多く登場します。「大川の隠居」では平蔵が友五郎を誘って、山谷堀の今戸橋近くの船宿(嶋や)に上がります。杯を交わしながら、平蔵が亡父遺愛の銀煙管に煙草を詰めるところで実に小気味のよい結末となります。






            隅田公園 散策解説板➀
江戸時代の墨堤

江 戸 随 一 の 観 光 名 所


住所 / 向島1-3(隅田公園内)
 





             






         

隅田公園 散策解説板➀
江戸時代の墨堤
江戸随一の観光名所
Bokutei in Edo cra-one of the most famous scenic places in Edo

江戸時代以前の墨堤は、牛御前と呼ばれる牛嶋神社に表されるように、放牧や農業(田畑)を営む地域でした。江戸時代に入り、三代将軍徳川家光の頃から盛んに鷹狩などが行われるようになり、徐々に江戸の市民に景勝地として認知されてきました。墨堤の始まりは、四代将軍徳川家綱の頃の植桜とされていますが、実際は八代将軍徳川吉宗の頃の植桜を期に江戸の花見の名所として認識され、上野寛永寺・飛鳥山・御殿山等とともに江戸の桜の名所として親しまれました。当時の墨堤の繁栄の様子は、数多く残されている浮世絵や俳句・和歌等によって伝えられています。

Before Edo era, “Bokutei”the banks of the Sumida River, was the area where pasturage and agriculture (fields) were followed as it is clear by Ushijima shrine called “Ush-gozen” (a sovereign cow) In Edo era falconry etc took place frequently in Bokutei by the third shogun Lemitsu, and gradually the citizens of Edo have recognized it as a scenic place. Although the beginning of “Cherry blossoms in Bokutei”was planted at the time of fourth shogun letsuna, It began to be a famous place to see cherry blossoms whichi were planted more at the time of eight shogun Yoshimune, and was loved as a famous place of cherry trees in Edo as well as Uenokaneii temple, Asukayama, Gotenyama. And so on. The situation of prosperity in Bokutei those days was passed down to now by countless Ukiyoe(Japaness wood block printing),Haiku(Japanese poem), and Waka(Japanese poem).






             隅田公園 散策解説板②
江戸時代の墨堤

墨 堤 の 花 見

住所 / 向島1-3(隅田公園内)
 





             









                 

隅田公園 散策解説板②
江戸時代の墨堤
墨堤の花見
Bokutei in Edo cra ━ cherry blossom viewing Bokutei

桜の花見は、貴族の間で平安時代の中期から、主に一本の桜を見る形式の花見が重要な行事となりました。一方農民の間では、古くから「春山入り」と呼ばれる、春先に飲食物を携えて近くの山に入り、一日を過ごす行事が行われていました。この2つが花見の源流と考えられています。江戸時代に入ると多くの桜の下で江戸の町人達が集まり、酒を飲みながら花を見るという「江戸の花見」が広がり、現在まで受け継がれています。墨堤の花見は、残されている文献や絵画から判断すると、桜の下を皆で連れだってそぞろ歩きをするという見方が一般的だったようです。

Cherry blossom viewing became an important event among aristocarats from the middle of Heian era. The form of cherry blossom viewing was mainly watching a single cherry tree at that time. On the other hand ,there was an event called “Haruyamairi”among farmers. “Haruyamairi” is to spend a day in a nearby mountain with foods and drinks. These two ways are considered as mainstreams of cherry blossom viewing In Edo era. “the form of cherry blossom viewing in Edo” Spread among citizens of Edo. The form is drinking in the crowd under a great number of cherry trees, and came down to now. According to remained references and pictures, it is common way of viewing that the form of cherry blossom viewing in Bokutei was to stroll under cherry trees together.






             隅田公園 散策解説板③

隅 田 公 園 の 開 園

日本初のリバーサイドパーク
 





             






 


        

隅田公園 散策解説板③
隅田公園の開園
日本初のリバーサイドパーク
The opening of Sumida Park The first riverside-park in Japan

1923年 (大正12年) 9月1日に発生した関東大震災の直後、時の内務大臣後藤新平の指揮の下で作られた 「帝都復興院 (復興局) 」によって、公園・街路を含む東京の抜本的な都市改造が計画されました。その中に計画された隅田公園は、規模を縮小しながらも言問橋の架橋や東武鉄道の浅草乗り入れ等の事業とあわせて一大開発として整備されました。日本初のリバーサイドパークとして市民にウオーターフロントを開放するという、東京にとっても日本の公園史上でも画期的な公園として実現されました。1931年 (昭和6年) の開園には、昭和天皇の記念来訪や、大勢の市民がお弁当を持って詰めかけるといったお祭り騒ぎだったと伝えられています。

Right after the Great kanto Earthquake on September 1192 (Taisho 12) , the Home Secretary, Shinpei Goto established “Teito-Fukkoin (revival office )” in order them to make a plan for a radical reconstruction of Tokyo including parks and streets. Redevelopment of Sumida Park was a part of the plan. Although the size of the park was a decreased, a series of redevelopment was carried out as a whole large project including a construction of “Kototoi Bridge” and a connection to Asakusa station of Tobu Line. This park opened waterfront to citizens as the first riverside-park in Japan. and was very unique in the history of the park design to Tokyo. In 1931(Showa 6), the emperor in Showa visited the park on the opening day and citizens crowded into the park carrying their 1unch parks like merry-making.






              隅田公園 散策解説板④
開 園 当 初 の 隅 田 公 園

写真に見る昔の隅田公園







            






       
      

隅田公園 散策解説板④

開園当初の隅田公園

写真に見る昔の隅田公園
The beginning of Sumida Park in pictures
隅田公園は隅田川を挟んで、本所区 ( 現墨田区 ) と浅草区 (現台東区) にまたがっています。本所側は、水戸徳川家小梅邸の敷地を活用した庭園と墨堤の桜並木を活用して遊歩道の整備を行いました。近代都市計画の手法により江戸の堤、河川沿いの桜並木の復活という点では、日本の伝統的なランドスケープ (風景) と西洋の近代的都市計画技術の合体が見事に成功した有意義な事業でした。また公園のデザインはシンプルかつ上品で控えめなものであり、デザイン思想の点で今日学ぶべき所が多あります。

Sumida Park locates on the both sides along the Sumida River in Honjo city (current Sumida city) and in Asakusa city (current Taito city). The developments of a garden and an esplanade were carried out on Honjo side. The garden used the site of Mito Tokugawa Koume residence, and the esplanade utilized the scenery of a row of cherry trees in Bokutei. It was a fruitful project that the integration of Japanese traditional were succeeded. This intergration revived the banks of the river and a row of cherry trees. The design of the park was simple,elegant,and modest. There are a lot to learn in current design thought.






          明治天皇海軍漕艇天覧玉座阯の碑

明治天皇のレガッタ視察のために玉座を
しつらえた場所にたっています。
.
住 所 / 向島1-3(隅田公園内)





             






          

「明治天皇海軍漕艇展覧玉座碑」

この碑の建つ場所は、明治年間に幾度も明治天皇のレガッタ視察のために玉座をしつらえた場所です。現在は堤防が整備されて隅田川の様子があまり見えませんが、かつては土で造った堤防に桜が植えられ、たいへん風情のある光景でした。そうした場で、明治15年11月21日、同26年6月3日、同27年4月2日、同29年12月18日の4度にわたりレガッタを天覧したのです。隅田川のレガッタの歴史のひとつを物語るこの石碑は昭和16年11月に建碑されました。






           隅田川ボート記念碑





            







昭和29年ケンブリッジ大学招待レース時の風景
   






              
枕 橋 さなだや

「蛇の眼」で平蔵の勘が、蛇の平十郎の去っ
ていく姿に「あやしい奴」と感じた場所で、
当時は源兵衛橋と呼ばれていました。
住所 / 墨田区向島1-1





            






            


鬼 平 情 景
枕 橋  さ な だ や

当時は堀留となっていた源森川に架かる橋で、作品の中では源森橋、源兵衛橋と名を変えて出てきます。その北隣の水戸家下屋敷に引き込まれた水路に架かる小梅橋と対になると夫婦が枕を並べた様子に似ていることから、枕橋と呼ばれていました。鬼平犯科帳では、その北詰にある蕎麦屋(さなだや)がいっしょに数多く登場します。蛇の眼」ではその店で、平蔵独特の勘ばたらきからあやしい奴に出くわし、追跡する場面があります。実はこの男、大盗・蛇の平十郎で、源平衛橋の下に潜り込んで、まんまと逃げ失せてしまいます。鬼平犯科帳の番外編とされる「にっぽん怪盗伝」収録の「正月四日の客」は、(さなだや)が舞台になり、亭主の庄兵衛と客の亀の小五郎とのむだ口のない遣り取りが実にいい味を出しています。
                               墨 田 区





(隅田川墨堤通り沿い) 

               隅田公園 散策解説板⑦

艇 庫 と レ ガ ッ タ
レガッタによる隅田川の賑わい


所在地 / 墨田区向島5-1 (隅田公園)
 





             






 


         


隅田公園 散策解説板⑦
艇庫とレガッタ
レガッタによる隅田川の賑わい
Boathouse and Regatta ━ vibrant Sumida River with Regatta

レガッタは明治、大正時代の学生達の間で最も盛んに行われたスポーツで、日本における発祥の地は隅田川です。1883年 (明治16年) 日本初のレガッタが向島で開催された後は、学校や企業間を問わず盛んに行われ、隅田川はレガッタのメッカとなりました。現在の首都高速6号向島線向島ランプ及び屋内プール体育館の辺りには「艇庫村」と称されるほど艇庫が立ち並び、レガッタの際には川岸を大勢の観衆が埋め尽くしました。しかし水質の悪化等の理由で、1967年 (昭和42年) の一橋大学艇庫の移転を最後に隅田川から艇庫の姿が消えました。近年では水質浄化により隅田川でのレガッタが復活し、往時の活気を取り戻しつつあります。
Regatta was the most popular sport among students in Meiji era and Taisho era. The birthplace in Japan is Sumida River. After the first regatta race in Japan took place in Mukojima in 1883 (Meiji 16), it began to be played frequently among schools and companies. And Sumida River became the center of regatta race. Since a number of boathouse were built along the river, people called the place “Village of boathouse” (Many of those boathouse located between present Metropolitan Expressway rout 6 Mukoujima-on-ramp and lndoor Swimming pool.) Once regatta race took place, a crowd of people gathered and filled the riverside However, the last boathouse (Hitotsubashi-University’ s boathouse) has moved out in 1967 (Showa 42) because of water pollution, boathouse no longer exist along the river since then. In recent years, regatta race in Sumida River revives as wate is purified. Regatta is going to regain the former life.






               野 口 雨 情 記 念 碑

詩人、童謡と民謡の作詞家で多くの名作を
残しました。北原白秋、西條八十とともに、
童謡界の三大詩人といわれていたそうです。


所在地 / 墨田区向島5-1 (隅田公園) 





             






             





       

立    札

都鳥さへ夜長のころは水に歌書く夢も見る


 ここに刻まれた都鳥の詩は、日本童謡民謡の先駆、巨匠野口雨情氏が、昭和8年(1933)、門下生の詩謡集の序詞執筆のため当地に来遊の折、唱われたものである。東京都民の心のふるさとである隅田川ぞいを飾るにふさわしい作品として、記念に刻し、永遠に保存する。
 昭和63年(1988)10月9日 
                                 墨  田 区 






       桜 の 碑

八代将軍吉宗の命により堤に桜が植えられた
ことにより、墨堤の桜として江戸の名所とな
りました。

住 所 / 向島5-1
 





             






             






             









          

隅田公園 散策解説版⑧
墨堤植桜之碑と桜勧進
住民が育てた墨堤の桜

“Shokuou-no-Hi”in Bokutei and “Sakura-Kanjin”-Cherry trees grown by local people

 江戸時代、花見の名所としての地位を確立していった墨堤も、当初の墨堤の桜は水神社(現在の隅田川神社)付近を中心に植えられました。しかし1800年代から、地元の村の有志らによって桜が植えられ、墨堤の桜が南へと延伸して行きました。墨堤の桜が長命寺、三囲神社と徐々に延びて、枕橋まで達したのは1880年ごろといわれています。この間は地元有志の植桜だけでなく、有志が発起人となった「桜勧進」と呼ばれる寄付が行われています。墨堤の桜が地元の人々に愛されていた桜であることが、この植桜之碑に刻まれています

Bokutei establ ished a reputation as a good place of cherry blossom viewing in Edo era. Those cherry trees had planted only around Suijin shrine (current Sumidagawa shrine). From 1800s, volunteers in local village planted many cherry trees along the river to the South. A row of cherry trees in Bokutei was gradually extended to “Chomei-ji temple” “Mimeguri shrine” and it reached “Makura Bridge” in about 1880. During the time, there was also a donation for planting cherry trees called “Sakura-Kanjin”promoted by those volunteers. It is curved on “Shokuou-no-Hi (monument)” that cherry trees in Bokutei were loved by local people.








墨 堤 植 桜 の 碑

        所在  墨田区向島五丁目一番 隅田公園

この石碑は墨堤の桜の由来を記したもので、榎本武揚の篆額
(てんがく)、濱邨大澥(はまむらたいかい)の撰文、宮亀年の彫刻です。墨堤の桜は、初め四代将軍家綱の命で、皆と共に楽しむためにと植えさせ、享保ニ年(一七一七)に八代将軍吉宗が百本の桜を、同十一年には桜、桃、柳各百 五十本植えさせ、その世話は代々隅田村の名主阪田氏が担当しました。その後文化年間に佐原鞠塢塢(きくう)、朝川黙翁、中山ト?が百五十本、天保ニ年(一八 三一)に阪田三七郎が二百余株の桜を植えました。弘化三年(一八四六)洪水で堤が決壊し、それを須崎村の宇田川総兵衛が独力で修築、そのことを顕彰して村 人が百五十本、安政元年(一八五四)に阪田三七郎が二百株、明治に至り其角堂永機、旧水戸藩知事、寺島村の人々が各々桜を植えました。さらに大蔵喜八郎、成島柳北が名勝を守るため白鴎社を設立、村人もこれに応じ、南葛飾郡長伊志田友方は、このことを府知事に告げ植樹を助成しました。志 半ばで死去した成島柳北の遺志を継いで、安田善次郎、大倉喜八郎、川崎八右衛門が出資し、村人の協力を得て墨堤の植桜が完成しました。このような功績を永世に伝えるため、明治二十年に建碑されましたが、後に堤が壊れ碑が傾いたので、明治二十九年に本所区長飯島保篤が大倉、安田、川崎三氏と共に起工し、榎本武揚、小野義真も出資して移設しました。
             平成ニ年三月
                     墨田区






                 正 岡 子 規 仮寓の地案内板

大学予備門の学 生だった子規は、長命寺
桜もち「山本や」の2階を3ヶ月ほど借り、
自ら月香楼と名付けて滞在した。
明治28年、日本新聞社の記者として
日清戦争に従軍する。
住 所  墨田区向島5-4
 





             










江戸時代の
「桜もち山本や」
「東京名所図絵隅田堤之部」 
   
墨堤の花見風景 
      
本名:正岡常規(幼名:升)
慶応3(1867)年~明治35(1902)
年。松山市生まれ。大学予備
門、東京帝国大学で、尾崎紅
葉や夏目漱石らと知り合う。
結核ため、大学を中退。新聞
記者として日清戦争に従軍。
その後、近代俳句の発展に尽
くすが、35歳で亡くなる。

正  岡  子 規
          仮 寓 の 地
 

One of the foremost poets of japan's modern era
Temporary Residence of Masaoka Shiki

向島 花さくころに 来る人の ひまなく物を 思ひける哉

(『無何有潤七草集』女郎花の巻 『寄寓隅田川名所恋』)近代日本を代表する俳人の正岡子規は向島周辺の景色を好み、こうした歌を数多く遺している。隅田川と墨堤の自然がよほど気に入ったのか、大学予備門の学生だった子規は、長命寺桜もち『山本や』の2階を三ヶ月ほど借り、自ら月香楼と名付けて滞在。そこで次の句を詠んでいる。

花の香を 若葉にこめて かぐわしき 桜の餅 家つとにせよ

明治28年、日本新聞社の記者として日清戦争に従軍する。
その折も
から山の風すきふなり 古さとの隅田の櫻 今か散るらん

と墨堤の桜を偲んだ和歌を詠んでいる。 子規という雅号だが、ホトトギスの意、その鳴声は悲壮で『鳴いて血を吐くホトトギス』などといわれ、喀血したわが身をホトトギスに喩えている。

Masaoka Shiki (1867-1902) studied together with novelists Ozaki Koyo and Natsume Soseki, but was forced to withdraw from university with tuberculosis. As a newspaper journalist he coverd the Sino-Japanese war from the front lins. Subsequently he worked to develop modern Haiku poetry, but passed away at the age of 35.






              三 浦 乾 也 旧 居・窯跡

幕末の陶工で蒔絵・造船などを手掛けるなど
多技多才であった。造船は開成丸建造に関与。
ガラス・煉瓦の 製造も行なっている。破笠
(はりつ)細工にすぐれ、その手法を応用し
かんざし・笄 (こうがい) などの珠 (たま)
は乾也玉と呼ばれ人気を博した。

住 所 / 墨田区向島5-4





             






 



◆言問団子の皿
明治時代に言問団子で使用されて

いた皿は、乾也が焼いたもの。 
         
「染付椿文水指」
三浦乾也作
国立博物館所蔵
       
「色絵菊文簪」(部分)
東京国立博物館所蔵
 


      文政4(1821)年~明治22(1889)年。徳川の御家人の長男として江戸新両替町(銀座)で生まれる。幼くして伯母夫婦に引き取られる。養父の井田吉六は将軍家斉に召され、庭焼を行うほどの高名な陶工であった。12歳でその手ほどきを受け15歳で終生の師と仰ぐ乾山焼5代西村西村貌庵に入門。吉六とともに修行。24歳で乾山6代を襲名。江戸焼き物を代表する陶工として活躍、68歳で没す。  

 A potter who also mastered the art of shipbuilding
Residence of Miura Kenya

三 浦 乾 也 旧 居 ・ 窯 跡

天賦の才に恵まれ、若くして乾山焼き6代を襲名した。陶芸家としての道を歩む一方、谷文晁に絵を習い、小川破笠が編み出した破笠細工の蒔絵も学び、彫刻も手がけるなど、多芸多才の士としても知られた。嘉永6 (1853) 年、32歳の時に人生最大の転機が訪れる。黒船来航である。驚愕した乾山は、幕府に造艦を建白、雄藩にもその必要性を説き回った。これが認められ、翌安政元 (1854) 年、勝海舟とともに長崎で建造技術の習得を命じられ、伝習所に赴く。安政3年、仙台藩に惣棟梁として招聘され、洋式軍艦「開成丸」を見事進水させ、一躍名をしられるところとなる。この功業により厚遇され、同藩には万延元
(1860)年まで滞在した。この間、焼き物の技術も伝授し、地元の陶工にも影響を与えた。明治に入って居を東京に移し、近県で創窯、焼き物の復興にも努める。毎時8(1875)年、54歳で向島長命寺に移り、境内の一隅に築窯し、根付、印籠、帯留めなどの創作に励み、特に簪の球は「乾也玉」の名で流行した。

Miura Kenya (1821-1889) studied under Kenzanpottery master Nishimaru Myakuan from the age of 15, and at 24 took up his former master's post In 1854 he Masaoka Shiki (1867-1902) studied together withnovelists Ozaki Koyo and Natsume Soseki, but was forced to withdraw from university with tuberculosis. As a newspaper journalist he coverd the Sino-Japanese war from the front lins.Subsequently he worked to develop modern Haiku poetry, but passed away at the age of 35. to Nagasaki to learn shipbuildingtogether with Katsu Kaisyu, and by 1857 he hadcompleted a
Western-style battleship, the KaiseiMaru in Sendai Clan.






         隅田川・桜橋 へ の 坂 道





             






             






             






             






             






      
高 原 基 金 の 森
ユニチャーム(株)創業者の高原慶一郎氏の
寄附 をもとに、財団法人都市緑化基金が選定
した公園です。

GTS観光アートライン  G:ソラニハ
(空を眺め憩うための庭、あるいは彫像と
共に見上げた空の先には…
という意味がこめられているそうです)





             






             






               






                








高 原 基 金 の 森

この森(公園)づくりは、高原慶一朗氏(ユニ・チャーム株式会社 創業者)の寄付をもとに、財団法人都市緑化基金が、全国の自治体から特色ある森づくりのプランを募集し、選考委員会で選定したものです。「高原基金の森」は、地域の持つ個性、優位性、潜在能力を「いましか」「ここしか」「これしか」であらわされる特色のある森づくりをめざしています。この森が全国に広がり、21世紀に生きる人と社会が、健全さと豊かさを得られることを願っています。

■ こ の 森 の 概 要 ■
名  称: 隅田公園「新・墨堤桜の森」
面  積: 17,081,46㎡
特  色: 向島の堤の桜は、江戸幕府八代将軍徳川吉宗が植えたのが始まりとされており、以来、江戸の花見の名所として多くの人々に愛され、今日に至っております。「新・墨堤桜の森」は、墨堤や隅田公園の植栽地を整備して、これまで植えられていたソメイヨシノとは異なる品種の桜や、さまざまな花木を植栽することにより、新たな名所づくりをめざしております。
主な樹木: サクラ  センリョウ  ヤマブキ  ジンチョウゲ     ツツジ マンリョウ
 ミツマタ  ユキヤナギ  ヘデ   コデマリ クチナシ タマリュウノヒゲ






           竹 屋 の 渡 し

隅田川の渡しの歴史は古く、すでに平安時代
(9世紀)の資料に隅田川の渡し船に関する記
録が見られる。「向島の渡し」とも称される。
待乳山聖天のふもとにあったことから
「待乳(まつち)の渡し」とも称された。
現在の言問橋のやや上流にあり、山谷堀から
向島・三囲(みめぐり)神社を結んでいた。





             






                  








《 墨 田 区 登 録 文 化 財 》
堤下の大鳥居と竹屋の渡し

所在地 墨田区向島二丁目一番 隅田公園内

隅田川七福神めぐりや桜の花見など、墨堤の散策は行楽好きの江戸市民に人気がありました。そのランドマークのひとつとされたのが三囲(みめぐり)神社の鳥居で、堤下の大鳥居として親しまれていました。土手の下にあったにもかかわらず、対岸からでも鳥居の貫(ぬき)より上が見られるほどの大きなもので、桜の咲く頃に花に囲まれて見える様はたいへん風情があり、歌舞伎の背景や多くの浮世絵などの題材として描かれています。現在のものは文久二年 (一八六二) の建立です。三囲参詣には吾妻橋を利用する場合と、隅田川を舟で渡る方法とがありました。渡しは、ちょうどこの大鳥居がある土手下辺りの岸と、浅草山谷堀(さんやぼり)入口の待乳山(まつちやま)下とを結ぶもので、竹屋の渡しと呼ばれていました。竹屋の渡しの名は、山谷堀側の船宿「竹屋」に由来します。墨堤側には「都鳥」という掛茶屋があり、舟を出してもらうために「たけや━」と呼びかける女将の美声が参詣客の評判であったとも伝えられています。昭和五年 (一九三〇)、言問橋の開通により、この渡しは廃止されました。

   平成二十年二月
          墨田区教育委員会







 明治時代の隅田川・竹屋の渡し
       
明治30年頃の竹屋の渡しです 






     隅 田 公 園 魚 つ り 場

住 所 / 向島二丁目1番1号
電 話 / 03-3625-5495
利用料金 / 1回 2時間・30円
(見学者は無料)
小・中学生を対象にした施設ですが、
一般の方も利用できます





             






                  






     言 問 橋 案 内 板

墨田区内では両国、蔵前、厩、駒形、吾妻の五橋
とともに関東大震災の復興橋梁として工事が
進められ、完成に伴い橋の上流にあった向島
三囲神社と浅草待乳山聖天をつなぐ
「竹屋の渡し」が廃止されている。






             






       


言 問 橋
 橋の名は、伊勢物語の中心人物、在原業平の詠んだ
「名にしおはば いざ言問はん都鳥 我が想う人は ありやなしやと」
から名づけられた「言問団子」に因ると言われている。
 架橋は昭和3(1928)年、墨田区内では両国、蔵前、厩、駒形、吾妻の五橋とともに関東大震災の復興橋梁として工事が進められ、完成に伴い橋の上流にあった向島三囲神社と浅草待乳山聖天をつなぐ「竹屋の渡し」が廃止されている。当初は両国橋とともに巨大な鋼ゲルバー桁橋として偉容を誇ったが、近年は200メートルを超す大橋が多く目立たなくなった。とはいえ当時の新進気鋭の技士たちが最先端の技術を駆使して設計施工しただけに文化的価値が高く、平成20(2008)年に両国橋とともに東京都選定歴史的建造物になっている。昭和20(1945)年3月10日の大空襲では、両岸から避難民が押し寄せ、多くの犠牲者が出た。平成4(1992)年から実施された改修工事で欄干と縁石が取り外され、その一部が江戸東京博物館の屋外通路に
保存展示されている。


The name of this bridge is said to have been inspired by the local delicacy Kototoi
dumplings, which in turn were named from a line of poetry written by Ariwara no
Narihira a key character in the Tales of 1se. The bridge was completed in 1928 as
Part of the rebuilding project after the Great Kanto Farthquake,in 2008, it received
special designation from the Tokyo Metropolitan Goverment





橋に向かっての坂道にありました。

             






(見 番 通 り)

   長  命  寺 (宝樹山 遍照院)

将軍家光から
長命水の名をいただき、寺号も
長命寺とされました。
隅田川七福神の弁財天が祀られています

     住 所 / 向島5丁目4番4号
電 話 / 03-3622-7771 






    

    
  長  命  寺 (宝樹山 遍照院)
Chomeiji Temple
(Sumidagawa shichifukujin)
将軍家光が鷹狩りに来た時、急に腹痛をおこしましたが、住職が加持した庭の井戸の水で薬を服用したところ、痛みが治まったので、長命水の名をいただき、寺号も長命寺とされました。また、隅田川七福神の弁財天が祀られています。
This temple is said to have receivd its name , which means “long life,” afterthe shogun lemitsu recovered from a sudden onset of stomach pain while hunting with his falcon upon drinking medicine with water from a well in its garden, where the chief priest had prayed. It is also dedicated to Benzaiten (the goddess of music, singing,and dancing), one of the seven gods of fortune associated with the Sumida River.
 






            






            






 
長命寺裏門
 
庚申地蔵尊(こうしんじぞうそん)
〔区指定民俗文化財〕 万治二年(1659)建立。






             






【境内にある歌碑、俳句碑、狂哥碑、筆塚、人物碑等の石碑】


         

                                         〈墨田区登録文化財〉
成(なる) 島(しま) 柳(りゅう) 北(ほく) の 碑
所在 墨田区向島五丁目四番四号  長命寺内

成島柳北は幕末明治の随筆家であり、実業家です。天保八年 (一八三七) 江戸に生まれました。十八歳のとき、家職をついで侍講に進み、将軍家茂のために経書を講じました。慶応元年以来次第に重んぜられ外国奉行となり、会計副総裁に進み、幕政に加わりました。幕府崩壊とともに職を退き向島の地に暮らしました。同5年東本願寺の法主に従い訪欧、翌年に帰朝後、公文通誌が朝野新聞と改題され、紙勢を拡張する機会に社長として迎えられ、雑録欄を担当して時事を風刺し、大いに読者を喜ばせました。また、外遊の折、修得した生命保険制度の知識を生かし、日本の生命保険制度の草分けである「共済五百名社」 (明治安田生命の前身) の創立に協力。明治十七年 (一八八四) 十一月三十日、四十八歳で没しました。この碑は実業家としての柳北の功績を記念し、明治十八年に建立されました。
平成十八年八月
      墨田区教育委員会






     

〈墨田区登録文化財〉

出 羽 三 山の 碑

               所在地 墨田区向島五丁目四番四号 長命寺
 出羽三山は、山形県のほぼ中央に連なる月山、湯殿山、羽黒山の総称で、古来より山岳信仰や修験道の霊場として発展してきました。本碑は文政十一年 (一八二八) 四月に建立されましたが、この時期を含む江戸時代後期には、主に東北、関東地方で講を組織する人々が増え、江戸においても三山登拝を行う人々が少なからずいたといわれています。本碑は盛土を高くした上に建てられています。当初の建立地は不明ですが、長命寺によれば、大正十二年 (一九二三) 頃にはすでに現在地にあったようです。碑の正面中央には、胎蔵界大日如来を表す種子アーンクと「湯殿山」の文字が彫られています。そして、向かって右側に阿弥陀如来を表す種子キリークと「月山」の文字を、左側には観世音菩薩を表す種子サと「羽黒山」の文字をそれぞれ配しています。また、左下には揮毫者(きごうしゃ)と思われる「空居」の号が刻まれています。出羽三山を崇拝し祀る習慣の定着が、こうした、石碑の建立につながったと分かります。一方、裏面には、日付とともに建立に関係した人々七十九名の名前が、居住地ごとに刻まれています。中には判読困難な文字もありますが、浅草、大畑村、請地村、寺嶋村、寺嶋村新田、須崎村、小梅村、中之郷村の人々の名前を確認することができます。江戸時代後期に隅田川をはさむ向島・本所北部と浅草方面に出羽三山信仰が普及し、そこに暮らした人々が信仰を共有していたことがうかがえます。現在区内では、出羽三山信仰に関係する資料の発見例が少ないため、本碑は貴重な資料といえます。
平成二十五年三月
  墨田区教育委員会





松尾芭蕉 「いざさらば」の句碑(雪見の句碑) 〈墨田区登録文化財〉
根府川石(輝石安山岩)の正面に、松尾芭蕉が詠んだ蒲鉾彫りで刻まれています。


       

芭蕉雪見の句碑
所在 墨田区向島五丁目四番四号  長命寺内

芭蕉の句碑は、全国で千五百余を数えるといわれますが、その中で
「いざさらば雪見にころぶ所まで」
と刻まれたこの雪見の句碑は、最もすぐれた一つといわれています。松尾芭蕉の門人祗空はこの地に庵をつくり、その後、祗空の門人自在庵祗徳は、庵室に芭蕉像を安置し、芭蕉堂としました。そして、三世自在庵祗徳が安政五年(一八五八)に庵を再興し、この句碑を建立したのです。芭蕉は寛永二十一年(一六四四)伊賀上野に生まれ、のちに江戸深川六間堀に芭蕉庵を構え、談林派から出て俳諧の境地を高め、「さび」、「しおり」、「かるみ」に代表される蕉風を不動の地位にしました。元禄七年(一六九四)旅先の大阪で没しましたが、其角など数多くの門弟を輩出しています。
  平成十八年八月
                  墨田区教育委員会






         

風のように踊り
  花のように恋し
 水のように流れる
   木の実ナナ






   

五狂歌師の狂歌碑

九十九翁長者園
『千代迄も爰に 隅田の長命寺 九十九までで落葉かくとは 』

太田蜀山人 狂歌
『どのやふ那 なん題目を かけ累(る)とも よむは妙法連歌狂哥師』


十返舎一九辞世の狂歌
『此世をは ど里やお暇(いとま)に せん古うの 煙りと供に 者(は)ひ左様南ら 』

七十五翁雪廼屋富士丸辞世
『寝て於起(おき)て 呑喰ひの業 世苦能娑婆(よくのしゃば) けふは極楽 南無阿弥陀仏 』

八十三翁天露道人
『朝霞引出す牛の御前はへ もふ草も芽を佐ますた堤 』








我興乃蘇鉄の碑
 
 
守川周重の辞世句碑(もりかわちかしげ)
明治時代の浮世絵師







孕山堂江雨燈影の碑 
 
江戸桜の碑 






 
梅陰先生大黒君碑
 
南無阿弥陀仏碑(左側)






  
筆 つ か
 
鏑木渓庵之碑(右側)  






 
現在庵露心の辞世句碑 
 
初代鶴澤清六之塚 (〔区指登録文化財〕)
( 文楽義太夫節三味線方の名跡 ) 





長 命 水

            






 長命寺所蔵の文化財

遠湖先生墓碑    奥田昌屏記念の碑    勝川春英翁略伝の碑    帰有伊東氏筆塚 
九十三翁田夫の句碑    月双庵笑魚の句碑     好酒院杓盃猩々居士辞世句碑    好色院道楽宝梅居士の辞世句碑 
三代目橋市の碑    樹月の句碑    退鋒郎毛君疼髪塚銘并序の碑   橘守部・橘冬照墓(墨田区登録史跡)
橘東世の歌碑    丹頂斎一声の句碑    長命水石文の碑    疼雲山居士故帋碑  
鼠取養犬六助塚     藤田呉江先生之碑    密教正道応上綱遺詞の碑     山村一蔵先生碑 





          弘   福  寺
(黄檗宗 牛頭山)

咳や口中の病に効くと、信仰されています。
隅田川七福神の布袋尊が祀られています。

    住 所 / 向島5丁目3番2号
電 話 / 03-3622-4889 





             






  弘   福  寺 (黄檗宗 牛頭山)

Koufukuji Temple
(Sumidagawa-shichifukujin)

境内には「咳の爺婆尊」があります。作者の風外和尚の名 にちなみ「風外は風の外。だから風邪に効く」ということから、咳や口中の病に効くと、信仰されています。また、隅田川七福神の布袋尊が祀られています。
Kofukuji Temple is home to a famous Buddhist statue by Fugai Osho. Based on the sculptor's last name. which by means of a pun on the Japanese words for “wind” and “cold” (in the sense of illness) can be taken to suggest resistance to colds, pilgrims consider the shrine to be effective in combating coughs and oral disease. The temple is also dedicated to Hotel (the god of contentment and happiness), one of the seven gods of fortune associated with the Sum 
 






             






             






     翁 媼 尊
この石像は、風外禅師(名は慧薫、寛永年間の人)が相州真鶴の山中の洞穴に於て求道して居た折、禅師が父母に孝養を尽くせぬをいたみ、同地の岩石を以て自らが刻んだ父母の像です。禅師は之を洞内に安置し恰も父母在すが如く日夜孝養を怠らなかったといわれております。小田原城主當山開基稲葉正則公が、その石像の温容と禅師の至情に感じ、その放置されるを憐れみ城内に移し供養していましたが、たまたま同公移封の為小田原を去るに當り、當寺に預けて祀らしめたものです。尚、古くよりこの石像は咳の爺婆尊と称せられ、口中に病のある者は爺に、咳を病むものは婆に祈願し、全快を得た折には煎り豆と番茶を添えてその礼に供養するという風習が伝わって居ります。






             






            






             






            






             






             






                






             






       淡 島 寒 月 旧 居 跡

淡島椿岳は弘福寺境内に隠居所を構え、
その後息子の寒月はこの隠居所に(梵雲庵)
となずけて隠居されたそうです。

住 所 / 向島5-3-2 
 






 
               
今は料亭となっている梵雲庵跡










山内神斧が描いた
寒月のイラスト
 
   
弘福寺の「咳の爺婆尊」寒月画
     
今は料亭となっている梵雲庵跡




      安政6(1859)年10月23日(11月17日
とも)~大正15(1926)年2月23日。
明治の趣味人。作家、画家でも
ある。父親も趣味人である画家
の淡島椿岳。井原西鶴再評価し、
そのよさを幸田露伴や尾崎紅葉
に説き、世に出すきっかけを
作った。

A multi-talented author and artist
Residence of Awashima Kangetsu

淡 島 寒 月 旧 居 跡

父の淡島椿岳は江戸時代に大流行した軽焼せんべいの名店「淡島屋」を経営する実業家で大地主であった。また、知識欲が旺盛で、画を学び、ピアノを買って演奏会を開く趣味人でもあった。明治17(1884)年,向島の弘福寺境内隠居所を建てて住んだ。息子の寒月は西鶴再評価のきっかけをつくり、趣味人として、新聞や雑誌に寄稿実体験をベースにした小説や江戸にまつわる話などを洒脱なタッチで著し好評を博した。明治26(1893)年頃、父の使っていた隠居所を梵雲庵と名づけ隠居。「梵雲庵寒月」と号し、悠々自適な生活に入る。夏目漱石の「吾輩は猫である」に水島寒月という学者が登場するが、モデルは寺田虎彦で、名前は寒月から採ったといわれている。収集家としても有名で、梵雲庵には三千余の玩具と江戸関連の貴重な資料があったが、関東大震災ですべて焼失されてしまった。 

Awashima kangetsu (1859-1926) is known for both his literature and paintings. His
father, Chingaku, was also a painter. He helped popularize the works of Ihara Saikaku
in the course of mentoring novelists Koda Rohan and Ozaki Koyo. He is also said to have inspired Natsume Soseki's use of the name “Mizushima Kangetsu” in the novel Iam a Cat






          向 島 墨 堤 組 合

浅草からみて向こうにある島は、いつか
行ってみたい雅な街で「向島」と呼ばれ、江戸
の時代から「花街」(料亭街)として栄えた街

住 所 / 向島2-9-9
    電 話 / 03-3623-6368
 





    

    
  見  番  通  り
Kemban-dori St

見番といわれる花柳界の組合があることから名づけられました。この通りには、向島墨堤組合(見番)のほか、長命寺や三囲神社などの神社仏閣が隣接し、また、北端には、王貞治氏が少年時代を過ごした隅田公園少年野球場があります。

This street is named for the Kemban, as the geisha association located there is colloquially known. In addition to the Mukojima Bokutei Kumiai Association (Kemban), the street abuts Chomeiji Temple, Mimeguri-jinjya Shrine, and other shrines and temples. The Sumida Park Youth Baseball ground, where Sadaharu Oh played in his youth, is located at its northern terminus
 






            






             




芸妓さんの七福神めぐり
(弘福寺)
 
   

芸 妓 茶 屋
墨堤さくらまつりで設けられる
 
     
昭和25年頃
の墨堤組合

向 嶋 墨 堤 組 合

江戸中期になると社会も安定し、連歌や俳諧などの会席が料理茶屋で開かれるようになった。こうした宴の席に華を添えるため、踊りや唄で客をもなす芸妓が現れ、花柳界が誕生。以降、幕末まで大いに栄えた。しかし、明治に入ると、急速な近代化の中でこうした「江戸情緒」は徐々に失われていく。伝統や文化の損失を惜しむ多くの文化人は、風光明媚な向島に居を移し、新たな文学や芸術を創造し、花街もかつての賑わいを取り戻していった。 粋な空間で楽しむ『お座敷遊び』は、文人墨客に愛され、やがて一般の人にも波及していった。向島には、今なお料亭のお座敷と芸妓、舞や唄などの伝統芸能が脈々と継承されており、一種独特の文化圏が保たれている。 向嶋墨堤組合は、置屋、芸妓衆など花街の統括管理が主な業務で、平成24年3月現在、16軒の料亭が加盟し、100名を越える芸妓衆が登録している。規模は都内随一で、作法、所作に始まり、お座敷でのおもてなしの心を身につけるために、西川流や猿若
流などの日本舞踊の他、鳴物、清元、長唄、常磐津、笛を専属の師匠について修練している。

Mukojima managed to resist the wave of mondernizationthat swept japan in the Meiji era, and retains the spirit of old Edo to this day.The Mukojima Bokutei Cooperative works to preserve the historical district,schooling geigi-performing artists in the traditional arts and overseeing traditional restaurants






    
  向 島 料 亭 街 (花 街)
Mukojima Restaurant District
(Geisha Entertainment District)

江戸文化が花開いた時代の風情が薫り、和の空間に粋と寂の趣を控えめにしつらえた佇まいの「向島料亭街」。季節の食彩ともに愛でる料理、舞や邦楽など日本の伝統芸能で「もてなしの心」を伝えます。

In the Mukojima Hanamachi, the atmosphere of the blooming Edo culture still remeins and quietly presents Japan's aestheticvalues of Iki (stylishness) and Sabi (antique look). You will receive Japanese hospitality through their dishes that make you enjoy the beauty of the seasons and traditional entertainment of danceing and music  




料亭 千  代  田 (ちよだ)
住 所    向島5-20-13    定 休 日    土・日・祝祭日 
電 話    03-3622-1755    営業時間    午後6時~午後11時30分  


            






料亭 櫻  茶  や (さくらちゃや)
住 所  / 向島5-24-10    定 休 日   / 日・祝日 
電 話  03-3622-2800    営業時間    
はとバスで一人でも参加できる和のもてなし 向島老舗料亭「櫻茶ヤ」
コース番号R2203旅行代金 (大人1名)10,980円があります。



            






料亭 波  む  ら (なみむら)
住 所   / 向島2-15-8   定 休 日  日・祝日 
電 話   / 03-3626-1641    営業時間  午後5時~午後11時  


            






料亭 月  笛 (つきぶえ)
住 所  向島5-29-9   定 休 日  日・祭日 
電 話   / 03-3621-4404    営業時間   / 午後6時~午後12時  


            






料亭 道 成 寺(どうじょうじ)
住 所   / 向島5-32-1   定 休 日  日・祝日 
電 話   / 03-3621-1243   


          






料亭 市   山 (いちやま)
住 所  向島5-28-4    電 話  / 03-3624-2277  


            






料亭 千   穂 (せんすい)
住 所  向島2-9-3   定 休 日  日・祝祭日  
電 話   / 03-5819-0334   営業時間   / 午後6時~午後12時


            






料亭 ふ 多 葉 (ふたば)
住 所   / 向島5-24-3   定 休 日   / 日・祭日  
電 話  03-3624-7010   営業時間  午後5時~午後11時


             






料亭 す み 多 (すみだ)
住 所  向島2-15-13   定 休 日  日曜・祝 日  
電 話  / 03-3622-5234   営業時間   / 午後6時~午後12時


            






料亭 入  舟 (いりふね)
住 所  向島5-28-5   定 休 日  日・祭日  
電 話  03-3622-6233   営業時間   / 午後6時~午後12時


            






料亭 美 家 古 (みやこ)
大正末期の建物で、戦争中も焼けずに残ったとの事
文化庁登録有形文化財に指定されています。
住 所   / 向島5-3-5    電 話  /  03-3622-3850


             






料亭 き よ し
住 所    向島5-35-3    電 話  03-3622-0224
定 休 日     日曜・祝祭日(土曜のみ予約可)  
営業時間    午後17時~


             






                       すみだ郷土文化資料館  

住 所 /向島2-3-5     電 話/ 03-5619-7034
      開館時間/ 9:00~17:00

定 休 日 /月&第4火曜日
31年4月29日、5月6日は開館、5月7日が休館





 
とんがり帽子の建物の頂上!
                






                  






           






              

特 集 展 示
す み だ の 情 景
━━秋・冬━━
古代より交通の要所として知られた中世期には宿が栄えた歴史深い墨田区の北部地域は、江戸時代には広大な田畑が広がる田園地帯でした。隅田川の清流沿いには由緒ある古刹が建ち並び、人々はこぞって参拝しました。自然が豊かな向島地域は、曳舟川付近の紅葉や白鬚神社のあたりの落雁などいくつかの秋の情景が描かれています。また、佐原鞠塢によって開園された向島百花園は現在でも季節ごとに草花が楽しめますが、江戸時代から秋は萩を初めとした秋の七草の名所でもあり、多くの人々が訪れました。さらに隅田川は当時から、雪見の名所として有名でした。『東都歳時記』には雪見の名所として、隅田川堤・三囲神社・長命寺の辺りが挙げられ、多くの絵師によってその光景が描かれました。雪見に訪れた人々は、隅田川に船を浮かべて両岸の雪景色を眺めたり、向島の料理茶屋で盃を傾けながら、その風景を楽しみました。隅田川の雪見を描いた浮世絵師からは、冬着を着込んだり火鉢や炬燵で暖をとりながら雪景色を愛でる人々の様子がうかがえます。江戸時代には有数の繁華街となり様々な江戸文化発祥の地である南部地域は、明暦三年(1657)に起こった大火がきっかけで本格的な開拓がなされました。明暦の大火の犠牲者を供養するため、回向院が建立され、大相撲が興行されるようになり、門前には見世物小屋がたち、繁華街として栄えました。また、江戸から、亀戸天満宮や法性寺などに向かう道筋であったため、多くの人々が往来するようになりました。これら、自然豊かな農村や多くの名刹・古刹、人々で賑わう市街地の様子など、すみだの変化に富んだ風景は、季節が移り変わるごとに異なる美しさを見せ、人々をさらに魅了しました。本展示では、墨田区域各所の秋から冬にかけての光景を描いた浮世絵をしょうかいします。






    隅田川を中心とした墨田区の歴史・伝統文化を紹介し、その遺産を継承していくことを目的とした「ふるさと博物館」。
保存資料はもとより、模型やマルチメディアなどを駆使し
さまざまな趣向をこらして紹介されています。
This hometown museum was established tointroduce
Visitors to the history and traditional culture of Sumida
Ward with a focus on the Sumida River, thereby helping
ensure that the area’s rich legacy will be passed on
to future generations. Visitors can enjoy range of
preserved historic materials as well as elaborate exhibits
including models and multimedia displays. 






                
ミュウジアムショップ 






             






             






             






             






                   佐 多 稲 子 旧 居 跡

明治37年6月1日、長崎県長崎市に生まれました。
大正4年、向島小梅町(現・墨田区向島)に住む
叔父佐田秀実を頼り、一家で上京しました。
  住 所 / 向島2-3-5の突き当たりのようです。          









曳舟川(昭和28年頃)大正11年
にこの川沿いの向島へ引越した


 牛嶋尋常小学校 (大正5年頃)


通勤で渡った、大正時代の吾妻橋
 



 本名:佐多イネ
明治37(1904)年6月1日~平成10年
(1998)年10月12日。
『キャラメル工場から』を雑誌
「プロレタリア芸術」に発表。
プロレタリア文学の新しい作家
として認められる。戦後は、
婦人民主クラブの創立に奔走、
民主化運動に貢献した。
作品は映画やテレビドラマに
なったものもある。昭和59年(1984)
年に朝日賞受賞

A leading figure in women's proletarian literature
Residence of Sata Ineko

佐 多 稲 子 旧 居 跡

小学生の頃から利発な文学少女であったが、11歳の時に、結核で亡くなった母の治療費や父の放蕩などで家計はひっ迫。叔父を頼って、父、祖母と共に長崎から上京、向島小梅町52番地(現在、隅田公園内)の家に身を寄せることになる。牛嶋尋常小学校5年に転入したものの、家計を助けるために、キャラメル工場で働かなければならず、結局、小学校は5年で中退してしまった。その後、料亭、工場、書店などで働きながら、小説や短歌を投稿。これらの経験が、後に『キャラメル工場から』という作品にまとめられ、出世作となった。戦後、すぐに書かれた自叙伝ともいえる『私の東京地図』には、長く暮らした
向島周辺のことが書かれている。「私の地図の、江戸案内の版画的風景には、三井神社も書かれている。いつもひっそりとした神社だ。淀んだどぶ池のそばに、閉めたままの障子の白さを見せていたのは其角の家だ、と子ども心にも知っていた」
 

Sata Ineko (1904-1998) launched here career with the novella From the Caramel Factory, and soon became part of the new wave of proletarian literature. After WW11 she strove to establish the Women's Democratic Club, contributing significantly to the democratization movement in Japan.






                       三  囲   神   社
江戸時代、三井家から鬼門除けとして崇拝された守護社。三囲の名は三井を囲むことから三井を守る
とつたわっています。
住 所 / 向島2丁目5番17号
電 話 / 03-3622-2672 





             






             






   
    
三  囲   神   社
Mimeguri-jinjya Shrine
(Sumidagawa shichifukujin)

元禄6年(1693)の江戸かんばつの折、俳人・室井其角が句を詠み奉納すると、翌日大雨が降ったと伝えられています。境内には、「雨乞いの句碑」があります。また、隅田川七福神の恵比寿・大国神が祀られています
Haiku poet Takarai Kikaku is said to have dedicated a reading of his poem here as an offering during the Edo drought of 1693, triggering a great rain the following day. The shrine's precincts include a haiku-inscribed ststue memorialzing this event. The shrine is dedicated to Daikokusama (the sod of weaith, farmers, agriculture, rice and the kitchen) and Ebisu (the god of fishermen, good luck, and workingmen),
two of the seven gods of fortune associated with the Sumida River
.  






      



 
明治時代の「三囲神社」
「東京名所図会隅田堤之部」
三囲神社大祭の図



                
墨堤から見た三囲神社
(大正12年頃)
 



室井其角の「雨乞いの碑」

Home to the guardian deity of Mitsui family
Mimeguri Shrine

三 囲 神 社

弘法大師が祀ったという田中稲荷が始まりとされる。当時は、現在地より北の田んぼの中にあった。文和年間 (1352~56) に近江の三井寺の僧である源慶が社を改築した折、土中から白狐にまたがる老翁の像を発見。その像の周りをどこからともなく現れた白狐が、三度回って消えたという縁起から「三囲」の名がつけられた。三井家は江戸進出時に、その名にあやかって、守護神とし、平成21(2009)年に旧三越池袋店からシンボルだった青銅製のライオン像が境内に移設された。日照りが続いていた元禄6 (1693) 年、俳人室井一角が能因法師や小野小町の故事に倣い、「ゆたか」を頭字に詠み込んだ
「ゆふだちや田を見めぐりの 神ならば」
の句を献じたところ、翌日には雨が降り評判になったという話が伝わっている。 


This shrine was choosen by the great merchant family Mitsui when they started operating in Tokyo.“Mimeguri” means “ three times around”.It derives from a1300s legend about a priest Genkei in West Japan who witnessed a magical white fox running around a recently unearthed sculpture of an old manmounted on a white fox three times, and then disappearing






       

日 比 翁 助 石 垣 の 歌 碑 

いしがきの 小石大石持合ひて 御代は
ゆるがぬ 松ヶ枝の色 日比美勳
日比翁助は号を美勳と称し 三越呉服店の
会長 わが国 近代的百貨店の創始者であった 
茲来百年 松を新たに植え 旧観を復した
 






神 楽 殿

            






             






       

最古の紀年銘
藤堂高睦(伊賀上野城主)が宝永3年(1707)に奉納した当神社で最も古い年代を示す石造物







             






       

墨田区登録文化財

 宝井其角「ゆふたちや」の句碑(雨乞の碑)

所在 墨田区向島二丁目五番十七号  三囲神社内

 元禄六年(一六九三)は大変な干ばつで、秋の収穫を心配して困りきった小梅村の人々は三囲神社に集まり、鉦や太鼓を打ち雨乞いをしていました。ちょうど三囲神社に詣でた俳人其角が、このありさまをみて、能因法師などの雨乞の故事にならい「遊ふた地や田を見めぐりの神ならば」と詠んだのです。この話は其角自撰句集の『五元集』にも「うたえば翌日雨降る」と記されているように、早速効果があったと伝えられています。其角は寛文元年(一六六一)江戸に生まれ、姓を榎本、のちに宝井と称し、芭蕉門下第一の高弟として知られ、とくに洒落風の句を得意としました。この碑は安永六年(一七七七)に建立されたものが摩滅したので、明治六年(一八七三)に再建されたものです。
                    平成十八年(二00六)12月 墨田区教育委員会






      

三囲のライオン像
三越の旧池袋店から移した 三越のシンボルであるライオン像は大正3年 当時の三越呉服店を率いた日比翁助がライオンを大いに好み 三越本店に 一対のライオン像を据えたのにはじまる 戦後 本店の像をもとに各支店に設置されている ライオン像の原形はロンドン・トラファルガー広場の有名なネルソン像をかこむライオンである なお「現金安売り掛け値なし」という三井の越後屋の画期的な商売の仕方は 大いに発展し 明治29年三越呉服店につながる






       

(右) ○越は三越の商標。客に出す茶の湯を沸かす銅壺の台石に彫られ、○越の範形といわれる。
明治29年から昭和の初期まで実際につかわれていた。

(左) ライオンは東洋的意匠の狛犬に変化したのだが、三越のライオン像も狛犬のように
神前を守っている。






        

宗因白露の句碑

   所在 墨田区向島二丁目五番十七号  三囲神社内

 「白露や無分別なる置きどころと刻まれています。」
文化九年(一八一二)西山宗因の流れをくむ素外らが発起人となり、始祖宗因の作品中でもっともすぐれたこの句を選んで建立したものです。宗因は慶長一〇年(一六〇五)肥後(現熊本県)に生まれた江戸時代初期の著名な連歌師、俳人です。連歌では主に宗因、俳諧では一幽、西翁、梅翁などと称しました。のちに大阪天満宮の連歌所宗匠の職につき、連歌界の重鎮として知られました。俳諧を始めたのは晩年に近く、あくまで余技としてした。詠みぶりは軽妙洒脱、急速に俳壇の人気を集め、談林俳諧勃興(ぼっこう)の起因となった人で、芭蕉は「此道中興(このみちちゅうこう)開山なり」と記しています。
    
平成十八年十二月

                                                             墨田区教育委員会






            

〈墨田区指定文化財〉
一勇斎歌川先生墓表(歌川国芳顕彰碑)
           所在地 墨田区向島二丁目五番十七号 三囲神社
 一勇斎(いちゆうさい)歌川先生とは、幕末を代表する浮世絵師歌川国芳のことです。国芳は、寛政九年(一七九七)に日本橋で生まれました。十五歳で初代歌川豊国の門人となり、文政十年(一八二七)頃「通俗水滸伝豪傑百八人一個(ひとり)」の連作を契機に人気を博し、浮世絵のあらゆる分野で高い水準の作品を残しました。
 この碑は、文久元年(一八六一)に没した国芳の十三回忌にあたる明治六年(一八七三)に建立されました。撰文は学者の東條琴台、篆額と書は萩原秋巌、碑刻は宮亀年が受け持ちました。碑文には国芳の出自や経歴、建碑の経緯などが刻まれています。裏面には、建立者である弟子たちの名が刻まれており、その中には明治時代の浮世絵を代表する月岡芳年や新聞錦絵の落合芳幾、おもちゃ絵の歌川芳藤などがみられます。芳年の画系は水野年方から鏑木清方、伊東深水、岩田専太郎と近代日本画の流れとして続きました。国芳は向島に居住した時期もあり、この碑は墨田区の浮世絵に関わる豊かな歴史を示す貴重な文化財といえます。
                                  平成二十四年一月   
                               墨田区教育委員会


Th career andThe monument of Utagawa Kuniyoshi
The carved out letter “Master 1chiyusai Kuniyoshi” in the framed tablet indicates Utagawa Kuniyoshi, a dominant ukiyoe-artist at the end of Edo period.He was born in Nihonbashi in 1797 and at the age of 15,he became a disciple of Utagawa Toyokuni 1. Not only beginning a massive boom in Musha-e, warrior prints he also produced high-level prints in all motifs of ukiyo-e.In 1873, this monument was erected for Kuniyoshi who died in 1861 by the disciples who worshipped him. The text was formulated Tojo Kindai the scholar, the calligrapher was Hagiwara Shugan and the carver was Miya Kinen. The text includes Kuniyoshi’s birth, career and the how and why of this monuments erection. The erecter’s name s were carved on the back side of the monument. Includes T sukioka Yoshitoshi, a dominat ukiyo-e artist in the Meiji era. Ochiai Yoshiiku who was famous for Shinbun nishi newspaper printed by woodcut in the Meiji era and Utagawa Yoshifuji who was well-known as a toy prints artist. The Yoshitoshi lineage tree is inherited as modern Japanese paa\inting by Mizuno Toshikata to Kaburaki Kiyokata , Ito Shinsui, and Iwata Sentaro. Kuniyoshi once lived in Mukojima and so this monument can be a precious cultural treasure whichi provides enriched history related Ukiyo-e in Sumidacity.






             








       

隅田川七福神コース案内板
SUMIDAGAWA SHICHIFUKUJIN COURSE INFORMATION

 

三圍神社 大國神 恵比寿神
 
三圍神社の別殿には、古くから大國(だいこく)、恵比寿(えびす)二神の神像が奉安されている。もとは三井の越後屋(今の三越)にまつられていたものである。江戸時代の終り頃、町人層の好みが世間のさまざまな分野で表面に現れ、多くの人びとによって支持された時代の流れの中で、隅田川七福神が創始されたとき、当社の二神もその中に組み込まれたのであった。
 大國神は慈悲円満と富貴の表徴、恵比寿神は豊漁をもたらす神、商家の繁栄を授ける神として、庶民の信仰を集め、その似かよった御神徳から一対の神として崇められることが多い。大國を同じ音の大黒(だいこく)とも書く。






             






            






         

富 田 木 歩 句 碑 

夢に見れば死もなつかしや冬木風 木歩

(裏面)

 大正拾参年九月一日の一周年に於て 富田木歩君慰霊の為建之 
友人一同 
亜浪書







包 丁 塚

             






境内の石碑について詳しく書かれています。
社務所で頒布して下さいます。


                






             





             






             






                         






隅田川東岸 三囲稲荷社錦絵集
                                                  (国立国会図書館より)

銀世界東十二景・隅田川両川岸一目の月
絵師:広重(初代)
 
三囲の図  絵師:絵師不詳
  







江戸八景 隅田川の落雁
絵師:渓斎英泉
      
東都名所八景 隅田川落雁
 絵師:芳虎
      
江戸高名会亭尽 三囲之景
絵師:広重(初代)
 







隅田堤三囲の景樅の古木   絵師:五風亭貞虎  
 
 三囲の夜雪  絵師:五渡亭国貞







 東都三十六景
隅田川三囲り堤
絵師:広重(二代)
 
 
江戸名所八景  暮雪(三囲)
絵師:長喜
   
 
東都名所合 三 廻
絵師:国貞(初代)
 








三 囲 神 社

             






          

鬼 平 情 景

三 囲 神 社 (三囲稲荷社)
三井家 (越後屋) が江戸進出時に三囲の名にあやかって守護神としました。港区にあった三井八郎右衛門邸が小金井市の江戸東京たてもの園に移築される際には、屋敷神であった顕命霊社、三角鳥居、家紋の入った水鉢などが奉納された。鬼平犯科帳にも数回、登場しますが、特別長編「迷路」の「妙法寺の九十郎」には、三囲稲荷社は、大川の堤の道を一段下った鳥居から田圃の中を松並木の参道が東に伸びた先にあり、境内は広くはないが、美しい木立と竹林に囲まれ、本社は立派なものであると、当時のたたずまいが描かれています。






           向 島 歴 史 散 策 案 内
Map of Historical Walking Routes around Mukojima

今もなお都会の喧騒さを忘れさせてくれる向島の
界隈。忘れ去られていく明治、大正、昭和に思い
を馳せ、まち歩きの達人、永井荷風に倣い、多く
の文人が愛し、暮らした街を静かに散策されては
いかがでしょうか





             




















 

いにしえの“すみだ”

平安時代初期に整備された官道は、現在の隅田川神社辺りとされる隅田の渡を経て、武蔵の国府(現在の東京都符中市)と下総の国府(現在の千葉県古川市)をつないでいた。「伊勢物語」の主人公が
〈名にし負はば いざこととわむ都鳥 わが思ふ人は在りやなしや〉
と詠んだ場所は、この隅田ノ渡だったのではないかと思われる。







谷文晁の弟子、喜多武清
(1776~1856)が描いたと伝
えられる、木版画「隅田川
七福遊び 宝舟」。
江戸時代、初夢を見るために
、幸運を呼ぶ宝舟の絵を枕の
下に敷くことがはやった。
版画内の舟は、当時の隅田川
周辺の農耕地帯で多く見られた田舟
 
           The Seven Deities of Good Fortune Pilgrimage

正月元旦から7日までの松の内に七福神を祀る寺社を訪ね
歩いて開運を祈る七福神めぐりは、19世紀初頭頃から江戸
で盛んに行われるようになった。向島の隅田川七福神めぐ
りは谷中に次いで古く、行程が約1里(約4キロメートル)と
適度で、墨堤沿いの史跡を訪ねながらたどれる初春の行楽と
して好まれた。隅田川七福神めぐりは、向島百花園に集う
文化人達が創案した。主の佐原鞠塢が所持していた福禄寿
の陶像から話が広がり、近隣の寺社から七福神を選定したと
いう。このとき、寿老人だけが揃わなかったが、白鬚明神
はおそらく白鬚のご老体であろうということになり、寿老人
にあてられた。そのため、隅田川七福神では寿老人を
「寿老神」と置き替えている。







「梅若権現御縁起」全三巻。
江戸前期の制作と考えられる。
(木母寺所蔵)



木母寺境内の一角。
左側が梅若塚。ガラス張りの
鞘堂に念仏〇が収まっている
              
Walking Routes for the Umewaka Legend

梅若伝説は古くから隅田川ゆかりの悲話として知られ、
浄瑠璃や歌舞伎などの題材とされてきた。
梅若伝説の時は平安の半ば。京都北白川の吉田少将惟房
の子、梅若丸が、人買いに連れ去られてしまう。しかし奥州
への途次で梅若丸は病となり、貞元元(976)年3月15日、
隅田川のほとりで12歳の生涯を閉じる。死に際して残した
一首が「たつね来て とわばこたえよ都鳥 
すみだ河原の 露と消えぬと」。
里人たちは、村に来ていた名僧忠圓阿闍梨に頼み、梅若丸
を手厚く葬った。1年後、息子を探し歩く母の花御前が、
通りかかり、息子の死を知る。念仏を唱える母の前に
梅若丸が立ち現れ、親子はつかの間の再会を果たすが、
母の悲嘆は深く、やがて池に身を投じてしまう。
忠圓阿闍梨は塚の脇に堂を建て、二人を供養する。
これが梅若寺で、今日の木母寺となる。
 







荷風自身が撮影したといわ
れる玉ノ井。(昭和10年代)



荷風が撮影したと
いわれる戦前の玉ノ井駅。
                 Tamanoi Area beloved by novelist Nagai Kafu

永井荷風は裕福な家庭に育ったが、学業より芸術や文学へ
の好奇心の方が高く、心配した父親は実業で身を立たせよ
うと、海外遊学を勧め、24歳の時、アメリカとフランスへ
渡った。6年に亘る海外生活を終え、敬慕する森鴎外の推薦
によって慶應義塾大学の教授に就任する。
しかし、内紛から6年で手を引いてしまう。
その後は作家活動に専念し、多くの作品を発表している。
墨田との縁は帰国直後に書き始めた「隅田川」が嚆矢で、
「百花園」「向島」「寺じまの記」「日和下駄」などの舞台
となっている。代表作は昭和12年4月から2ヶ月間、朝日
新聞夕刊に連載された「墨東綺譚」である。
玉ノ井の名が全国に知られるところとなった 。
木村荘八の味のある挿絵もまた好評を博した。





墨田区内循環バス時刻表 
(すみだ百景 すみまるくん、すみりんちゃん)



メール