スカイ姫のつぶやき街角・北西部ルート5
鳩の街通り商店街入口バス停

     〇箱館戦争で官軍と戦い敗北し降伏、その後明治政府で活躍した榎本武揚旧居跡 〇「鳴門秘帖」
「宮本武蔵」「三国 志」「新・平家物語」など、膨大な小説を執筆、文化勲章を受章した吉川英治
旧居跡
  〇鳩の街通り   〇漢学者、文芸評論家、小説家、劇作家、森鴎外の師、幸田露伴を文壇に
送り出した人依田學海旧居跡  〇漢詩人、随筆家。父は幕府奥儒者、安政3(1856)奥儒者に任命
され、徳川家定・家茂に経学を講じる成島柳北旧居跡
  向じま 有馬温泉跡案内板
鴻月 羽子板資料館  〇解体中の民家の蔵から、徳川時代の葵の御紋の長持ち!(寸前の差でゴミに
なりませんでした。)
  〇墨田区向島界隈の地域に根ざした寄席をコンセプトにしている向 島 墨 堤
古民家カフェこぐま  〇千 輪   〇ふれあい工房

                                   to top page  つぶやきいってみようへ



    



     
榎 本 武 揚 旧 居 跡
箱館戦争で官軍と戦い敗北し降伏、東京・辰の口の牢獄に2年半
投獄された。その後明治政府で活躍し、明治38年から亡くなる
明治41年までの晩年をこの地で過ごし、墨堤通りを馬で毎日
散歩していたそうです。
向 島 5 丁 目 1 2 





         







A vassal of the Shogun who became a Meiji leader
Residence of Enomoto Takeaki
榎 本 武 揚 旧 居 跡
父は将軍側近で天文方として伊能忠敬にも師事した知識人であった。武揚も幼い頃から 学才に長け、昌平黌
で儒学を、江川太郎左衛門から蘭学、中濱萬次郎から英語をそれぞれ学び恵まれた環境で洋楽の素養を身に
つけた。19歳で箱館奉行の従者として蝦夷地に赴き、樺太探検に参加する。安政3 (1856) 年には長崎海軍
伝習所に学び、蘭学や造船学、航海術等を身につけた。文久2 (1862)年 に幕府留学生としてオランダに渡って、
船舶に関する知識をさらに深める一方、国際法や軍学を修めた。慶応3 (1867)年、幕府が発注した軍艦
「開陽」に乗艦して帰国。翌4年に海軍副総裁に任ぜられた。戊辰戦争では徹底抗戦を唱えたが、五稜郭で
降伏、3年間投獄された。この箱館戦争で敵将ながらその非凡の才に感服した、黒田清隆の庇護を受け、
北海道開拓使に出仕。明治7(1874) 年に駐露特命全権公使となり、樺太、千島交換条約を締結。海軍卿、
駐清公使を経て文部大臣、外務大臣などを歴任した。明治38(1905) 年から、73歳で没する同41年までこの
地で暮らし、墨堤を馬で毎日散歩する姿が見られたという。
Enomoto Takeaki (1836~1908) was gaoled for supporting the defeated Shogun’s forces during the Meiji
restoration, but later he was enlisted to serve the new government in several ministerial posts. He was
known or his love of the spirit of downtown Tokyo.


 
榎本武揚像
梅若公園にある銅像
       
墨堤植桜之碑
上部の篆額を武揚が書いた




武揚が揮毫した牛島小学校の篆額




天保7 (1836) 年8月25日~明治41 (1908)年10月26日、箱館戦争で官軍と戦ったが、3年間の投獄後は新政府で文部大臣、外務大臣などを歴任した。下町情緒を好み、門づけの三味線弾きを家に呼び込んだり、ひいきの力士に相撲の型をとらせて楽しんだという。また墨堤植桜之碑や牛島小学校の篆額に揮毫している。







       吉 川 英 治 旧 居 跡
「鳴門秘帖」「宮本武蔵」「三国 志」「新・平家物語」
など、膨大な小説を執筆、国民 文学作家と親しまれ、
昭和 35年に文化勲章受章。
青梅市吉川英治記念館
住 所 / 東向島1丁目24−1 





         





         





 

A popular novelist and recipient of the Order of Cultural Merit
Residence of Yoshikawa Eiji
吉 川 英 治 旧 居 跡
明治25(1892)年、横浜生まれ。父は旧小田原藩士。県庁勤務の後、牧場経営に失敗し、家運が傾いたため、
小学校を中退。職を転々としながら、朝から晩まで働き通した。18歳の時、上京。本所菊川町(立川4丁目)
のラセン釘工場に住み込み、夜は、本所林町(菊川1丁目)の府立夜間職工学校で、工芸図案を学ぶ。その後
浅草三筋町にある輸出用金属象嵌の下絵描きの徒弟となった。

貧しさも あまりの果ては 笑ひ合ひ
(吉川雉子郎の名で発表した川柳)

大正6(1917)年、25歳の時、下谷の花街で知り合った赤沢やすの寺島村1820(東向島1丁目)のこの辺り
の家で同棲を始め、母たちを近くの寺島村1120(東向島3丁目)の借家に呼んだといわれている。本格的な
作家活動は、30歳で『親鸞記』を初めて新聞連載した時に始まる。以後、創刊された「キング」に
『剣難女難』、大阪毎日新聞に『鳴門秘帖』を連載し、国民文学作家としての地位を不動のものにした。

Yoshikawa Eiji (1892~1962)was a prolific author responsible for around 80 full-length novels including
The Secret Record of Naruto,Miyamoto Musashi, Romance of the Three Kingdoms,and The New
Tale of Heike, as around 180 shorter works.In 1960 this popular author was awarded the Order
of Cultural Merit




◆ 「古川柳隅田川考」
隅田川の古川柳に関
する研究。吉川雉子郎の
ペンネームで、
「大正川柳73号」に発表
画像提供 吉川英治記念館  

      
直筆の葉書
   
本名:吉川英次 
明治25(1892)年8月11日~昭和
37(1962)年9月7日。
「鳴門秘帖」「宮本武蔵」
「三国志」「新・平家物語」
など長編約80編、短編約
180編という膨大な小説を
執筆、国民文学作家と
親しまれ、昭和35年に文化
勲章受章








鳩 の 街 通 り

         





         






  .      依 田 學 海 旧 居 跡
天保4(1833)年1.3日生まれ。漢学者、文芸評論家、
小説家、劇作家。森鴎外の師、幸田露伴を文壇に
送り出した人として知られている。
成 島 柳 北 旧 居 跡
天保8(1837)・2・16生まれ。 漢詩人、随筆家。
父は幕府奥儒者。安政3(1856)奥儒者に任命され、
徳川家定・家茂に経学を講じる。
所 在 / 向島5丁目4番





            






依 田 学 海

 
        

        
成 島 柳 北








The menter of Mori Ogai and aficionado of mukoujima-Hyakkaen Gardens
Residence of Yoda Gakkai
依 田 学 海 旧 居 跡

佐倉藩士の家に生まれた學海は、藩校・成徳書院で漢学を学び、教授となった。後に江戸藩邸留守居役
などの重職を務め、維新後は東京会議所の書記官、文部省勤務に出仕し、漢文教科書の編集に携わっている。
53才で退官し、創作や文芸評論に力を注いだ。森鴎外の師としても知られ、『キタ・セクスアリス』の中では
文淵先生として登場・向島の隅田川の土手を臨む須崎村142(向島5丁目・言問い小学校あたり)に居を構え、
若い妻と幸せな日々を送っていたことを書いている、(実際は妾宅で、漢文の直しを乞いに訪ねた若い鴎外は
気づかなかった。鴎外が15才の頃の出会いだが、その後も二人の交流は続き、鴎外のドイツ留学に際しては、
『送森軍医游 伯林序』という送別の漢詩をおくっている。向島百花園にもよく足を運び、明治15年に発行
された『墨水24景記』には永井荷風著「墨東綺譚」の主人公が持って歩いていたことでも知られている。
また、50年以上に亘って書き続けた日記『學海目録』には多くの文化人との交流が記され、明治文化史の
貴重な資料にもなっている。

Yoda Gakkai (1833-1909) was a scholar of Chinese classics, art critic, novelist and playwright, He mentored.
the writer Mori Ogai, and Koda Rohan was also his protege.Yoda remained close to Mori for many years
and he even penned a farewell Chinese poem whenMori departed to study in Germany.

      
(明治末頃) 學海真筆の漢詩文
      
本名:依田百川
天保4(1833)年1月3日~
明治42(1909)年12月27日
漢学者、文芸評論家、
小説家、劇作家。
森鴎外の師、幸田露伴を
文壇に送り出した人
として知られている 





         

成(なる)島(しま)柳(りゅう)北(ほく) の 住 居 跡
所在  墨田区向島五丁目四十番 言問小学校
 成島柳北(一八三七~一八八四)は、幕府の儒者の家に生まれ、奥儒者として将軍徳川家定・家茂に
仕えました。後に、騎兵奉行・外国奉行などを歴任しました。明治維新後は新政府の招きを固辞し、
「朝野新聞」の主筆として、新聞条例や讒謗率(ざんぼうりつ)を批判したことで知られました。明治
十七年(一八八四)一一月、海棠園と呼ばれたこの場所で四八年の生涯を閉じました。初め、横川にある
本法寺に葬られましたが明治二年(一九〇九)に豊島区の雑司ヶ谷墓地に改葬されました。明治一八年、
長命寺の境内に柳北の記念碑が建てられました。
平成一三年三月
                    墨田区教育委員会






     

向じま 有 馬 温 泉
有馬温泉の後にお風呂屋さんができ、そして解体され
現在のマンションになりました。
住所 / 東向島5-38
 





         







向 嶋 有 馬 温 泉 縁 起
向島は江戸時代より多くの別荘が営まれ、春には花の名所として賑わっていました。明治十七年、兵庫有馬
の湯花をこの付近に遷し、向島有馬温泉が開業しました。この由来を語り継ぐものとして次のような文献が
残っています。客間萱葺(かやぶき)二階建て一棟何の風情も無けれど、遠く墨堤(すみづつみ)の桜を望み、
小田の蛙に耳を澄し、秋は稲葉の風に戦(そよ)ぐも、態(さま)変わりてをかし、栽籠繁茂(うえこみしげ)
く枝を交し、瓦葺(かわらぶき)の三階造は小丘(しょうきゅう)を抱きて立てるをもて背面より登れば直ちに
二階に達すべく、正面より登れば初階より通るを得べし、其さま恰(あたか)も浅草奥山鳳凰(ほうおう)閣の
如く、南に二階家の離れて建てられたるは旅館なり、梅林(ばいりん)鬱(うつ)として藤樹蔭(とうじゅかげ)を
成し松籟(しょうらい)微(かす)かに眠を催して、三伏(さんぷく)涼を納るゝに適す。泉水 池あり水青く、
中島に茶室あり、渚に捨小舟(すてこぶね)、それすら風雅なるに、蓮の浮葉に鯉の跳(は)ねて、客あり、釣竿
を望む時は、随意に貸与して、釣る所の魚を調理す、鮮鱗溌溂(せんりんはつらつ)膳に上るも快。混堂 池畔
(ちはん)に在り、湯槽(ゆぶね)は好心地(ここち)よく洗われて、男室女室に区画(わか)たる。料理 普通一式
の料理、花中(かちゅう)又弁当を調進す。美人なし、別嬪(べっぴん)は他よりお連れ下されとは情けなくも、
前歯のぼっくり欠損(かけ)たる婆様(ばあさま)が愛嬌。梅干 梅林数十株、毎歳(まいさい)梅干と為す、
有馬産の梅干は名代(なだい)なり、春は籬根(かきね)の残雪未だ全く消えやらぬ間に、南枝蕾(なんしつぼみ)
を破って暗香(あんこう) 浮動(ふどう)、梅見にと筇(つえ)を曳(ひ)く雅客(がかく)、つヾいて向島桜狩りの
崩れ客(くずれきゃく)、庭の藤の花池の面(ち)にゆかりの色を映(えい)せば、五月ともなりて実梅の影夏座敷
(なつざしき)に落ちて、水無月(みなづき)文月(ふつき)三伏(さんぷく)ともなれば、夏を余所(よそ)なる納涼
(すずみ)がてらの客、美姫(びき)を携え酒肴満盞(しゅこうまんせん)、緑蔭華胥(りょくいんかしょ)に遊ぶもよからむ。          『新撰東京名所図会』第十四編 より一部引用 
上の絵は山本松谷、右は山下重民の文により明治三十一年発行の『風俗画報』に掲載されました。江戸の面影
と明治の息吹を伝える雑誌に「有馬温泉」は「行楽の場」として描かれています。その後この地に「有馬温泉」
の名に因んだ銭湯が誕生し、地域の人たちの「憩いと語らいの場」としてともに生きてきました。向島の歴史と
文化を伝えたくこの碑文を設けます。

   二〇〇四年十二月






         すみだ小さな博物館
鴻月 羽子板資料館

【無形文化財】西山鴻月二代目

明治から大正にかけての羽子板だそうです。
住 所 / 向島5-43-25   電 話 / 03-3623-1305
(木・金・土開館)   時間 /10時~15時





         





墨田区役所1階展示室

         





              





         





         





         





              





        この「押絵」と「羽子板」がいつ頃その別々の歩みの中で融合したのか。時は江戸中期
文化文政の頃(1800)江戸では大平の世の中、庶民の娯楽の第一が「歌舞伎」でした。
そこで名優、人気役者の舞台姿を「押絵」の技法で作り、おめでたいとされていた
「羽子板」に入れ販売したところ江戸庶民に人気を得て、その後明治、大正、昭和、
平成の現在に至る。押絵羽子板作りは歌舞伎の所作事を多く主題とし荒事、和事、
舞踊など芝居の筋、演じる役者の心を読み取って作り上げる。 
     
    「羽子板」、これはいつの時代からあった物だろうか詳しい事はわからないが、室町時代
の書物に初めて見える。永享4年(1433)正月「御所において宮様公卿女官達が紅白に
分かれて羽根突に興ぜられた」と記録がある。宮中ではお正月に必ず羽根突きをして
その年の健康を祝いました。現在でも女の子の誕生の初めてのお正月には羽子板を贈る
風習が全国各地に残っています。「押絵」とは後世の押絵細工ではなく表具の貼絵の技法
で、宮中の公卿女官達の趣味として衣類の残り布を材料として屏風、香箱等に装飾として
使われ当時の上流社会において流行、江戸時代には庶民の間に普及した。






      


解体中の民家の蔵から、葵の御紋の長持ち!

すみだ郷土文化資料館で調査中です
住 所 / 東向島1-23 





         





         





         





        





         





         





         






     

向 じ ま  墨  堤

墨田区向島界隈の地域に根ざした寄席をコンセプトに
2019年(令和元年)5月1日、オープンしました。

寄せ等が開催されます。
住 所 / 東向島1-10-20
電 話 / 080-1327-5615
 





 
突き当たりは地蔵坂通りで百花園に行きます。
           
左は雨宮商店で、右側は達ずしです。





《墨堤さんより一言》
墨 亭 と は
築60年超の古商店を改修し、隅田川沿いの地域名「墨堤」にかけて墨田区向島界隈の
地域に根ざした寄席をコンセプトに2019年(令和元年)5月1日、オープンしました。
向島は江戸時代の後期に「江戸落語中興の祖」である烏亭焉馬が「咄の会」を開き、
現在に至る落語を生んだ地です。そうした地で、日本を代表する芸能である落語や講談、
諸芸、そして、江戸・東京文化を「聞き・知り・学ぶ」をコンセプトとした高座と
講座を繰り広げるべく空間です。






       昭和2年築の元薬局を改装したカフェ
店内の作り付けの棚は昔のままの薬棚。薬の引き出しや
柱時計、ミシン、タイプライターなども、 この家に古
からあったものです!

【古 民 家カフェ こ ぐ ま】

住 所 / 東向島1-23-14  電 話 / 03-3610-0675
時 間 / 10:30~18:30
  定休日/火・水 





         





               





         





               





         





         






    
     自転車雑貨店 千  輪 (Chirin)
自転車を販売しない自転車屋さん!
自転車のベルが鳴る音、「チリン チリン」から千輪と名付
けられました。自転車が好きで12年間自転車の会社に勤務し
ている時に強い志が芽生え、脱サラされたそうです。
レンタル自転車もあります。時折ワークショップを開催!
住 所 / 東向島1-23-13 電 話 / 03-6657-6652
定 休 日 / 火・水曜日 営業時間 / 10:00~19:00 





         





         





         





         





         






      ふれあい工房
陶 芸 教 室
童心に帰って土遊び、楽しみながら世界で一つの器を
作ります。めずらしい還元焼成しますので、色の変化
が楽しめるそうです

住 所 / 向島5-50-9  電 話 / 03-3611-7871
時 間 / 13:00~21:30
  定休日 / 火・第二日曜日





         





         





         





         





         

                                                     ペ ー ジ ト ッ プ へ






つぶやきいってみよう

    〇鳩の街通り商店街  〇K e i マ マ  〇スウィートローズ
〇自転車雑貨店・千輪(Chirin) 喫 茶 室    〇古民家wineshop&barお静
トータルヘルスケアー若石  〇NPO法人雨水市民の会  
 〇佃 忠 向 島 店
花 よ し    〇達 寿 司  〇魚 政  〇サロンド ゆ き  〇石川クリーニング
〇全日食チェーン Z-ONE スズキストアー 〇カットバンク・立花美容室
  〇サンヨウ文具店



     




        鳩の街通り商店街
吉行淳之介の小説「原色の街」の舞台になりました。永井
荷風がこの地を舞台に戯曲「渡り鳥いつかへる」
「春情鳩の街」を書いています。又久保田万太郎に
より映画化されています。
鳩の街通りを突き当たって右に曲がると百花園
への近道です! 





         





         





           






       【 K e i マ マ 】
美味しいケーキで有名!
お店の内外はママ手づくりの草花で彩られ、 ランチもママ
手づくりのケーキがついて、手頃なお値段で贅沢を体験さ
せて頂いていました。現在は毎週土曜日はお店に行くとカ
ットケーキを購入することが出来ます。お弁当は予約です。
材料を吟味して作って下さるのがうれしいです!
住 所 / 向島5-39-2  電 話 / 03-3625-6923





         





バースデイケーキ作って頂きました
左側の洋ナシを上も中もタップリ使用しています。ピンク色はアカジゾです
高級な生クリームを使った上品なお味で、お値段は3000円です。


           






何処から切っても栗だらけ! 
          
 





         





         





              





              






       スウィート ローズ
野菜創作料理
昆布と鰹の一番だし
ふれあい工房のご主人が作成された器を使用
電話での予約が必要です。
住 所 / 向島5-50-9  電 話 / 03-3610-1580
時 間 / 11:00~21:30
  定休日/火・水 





         





           





         





         






       自転車雑貨店 千 輪 (Chirin)  喫 茶 室
落ち着けて、自転車の修理の待機中にも便利です。
なんと電気の傘が自転車の車輪です!
住 所/東向島1-23-13 電 話/03-6657-6652
定 休 日/火曜日 営業時間/10:00~19:00 





         





         





         





         






       古民家wineshop&bar お静
ワインを購入し、囲炉裏場と鉄板焼きで旬の食材を食べ
ながら、その場でワインが頂けるそうです。
  住 所 / 向島5-17-6   電 話 / 03-3626-1686
時 間 / 19時~22時    休日 / 土曜日





         





          





         





            





         






      トータルヘルスケアー若 石
足もみマッサージ、タイ古式マッサージで
癒しのマッサージをしてくださいます。
住 所 / 向島5-50-3(鈴木壮1階角)  
電 話 / 03-3614-2208
時 間 / 10:00~18:00   休 日 / 月曜日




         





              






         NPO法人雨水市民の会
雨水に関する普及・啓蒙、調査活動、社会貢献を目的
とした環境団体
住 所 / 向島5-49-3   電 話 / 03-6657-1416
時 間 / 10:00~17:00    休 日 / 月、水、金、土、日
*火、木曜のみ常勤しております





         





         






       佃 忠 向 島 店
  
都内の4店舗あるお店の一つ
はんぺん さつま揚げ おでん種
住 所 / 向島5-17-6   電 話 / 03-3614-2604
時 間 / 19時~22時    休日 / 土曜日





         





         






       花 よ し
住 所 / 東向島1-23-12   電 話 / 03-3611-2046
時 間 / 9:00~20:00    休 日 / 日曜日





         





         




.
        達 寿 司
ランチありました!
住 所 / 向島5-48-3   電 話 / 03-3613-1039
時 間 / 12時~    休 日 / 月曜日





         





         





        魚  政
体にやさしいをモットーに
新鮮さ、天然物、季節物(旬の物)にこだわりをもって,
取り組んでおられるそうです。
住 所 / 向島5-48-9   電 話 / 03-3616-6415
時 間 / 10:00~19:00    休 日 / 日曜日・祭日





         





         





        全日食チェーン Z-ONE スズキストアー
住 所 / 東向島1-23-13   電 話 / 03-3612-2373
時 間 /    休 日 / 日曜日





         





         





        サロンド ゆ き
住 所 / 向島5-48-3   電 話 / 03-3612-2373
時 間 /    休 日 /





         





         





        石川クリーニング
向島周辺に2店舗あり、一点一点手仕上げのため
丁寧な仕上がりで、特に着物は場所が向島花街に
近隣しているので、値段が安くて丁寧な仕上がり
だと喜ばれているそうです。
住 所 / 向島5-48-11   電 話 / 03-3611-7425
時 間 / 8:00~19:00    休 日 / 日曜日・祭日





         





         





        サ ン ヨ ウ 文 具 店
お宝が隠れている感じ!
住 所 / 向島5-50-4  電 話 / 03-3612-7339
時 間 / 10:00~19:00  休 日 / 日曜日・祝日





         





         





         





         





        カットバンク 立花美容室

住 所 / 向島5-48-6   電 話 / 03-3612-9495
時 間 / 9:00~19:00  休 日 / 毎週火曜日・第3水曜日





         





              





         





         





         





       





         





思 い 出

               





             





         





         





               





         

                                                     ペ ー ジ ト ッ プ へ





墨 田 区 内 循 環 バ ス 時 刻 表
(すみだ百景 すみまるくん、すみりんちゃん)






Copyright (C) 2011 K Asasaka All Rights Reserved