LE PETIT PARISIEN
( スカイ姫のつぶやき19 )

ト ッ プ ペ ー ジ ヘ




                    






             






羊皮紙蔵書票展 IWAO NAMaI Exhibition 2020/11/15(日)~11/28(土)


日本画家、生井巖の羊皮紙蔵書票展。
生井さんが装丁された本も展示されています。
蔵書票とは、主に本の見返しに貼り付け、本の所有者が誰であるか示すために使用する。
素材は紙が圧倒的多数を占める中で、今回は羊皮紙(羊の革)を使用して作品を制作。
使用した革は、18世紀に作られたもの。



             






             






             







ペン画家、前田雄一郎の新作展。昨年に引き続き、
インクや珈琲のシミで古色をつけた表現を採用。





               





             





             





                     





                  





                        





                  






Hikari Exhibition - LE BETEAU IVRE - 2020/9/13(日)〜9/26(土)
銀筆画家、日香里による小作品展





                  





             





             





                        





             






      銀の蔵書票 2020/6/21~2020/7/4

倉橋由美子の聖少女をイメージに作成された銀の蔵書票



          





 
         
蔵書票が貼られた本です! 






                   






    Yusuke Harada Exhibition  Something that you left behind     2020/3/8(sun)~3/21(sat)



        





              














                                                   





           





                    








             





                    








-covered of unexpressible-
作家岡田聡平の、混合技法(テンペラ・油)による小品展。蔵書票も製作。作家との雑談も予定。
※蔵書票とは、書籍の見返し部分に貼り付け、その所有者を示すために用いられる紙片です。



             





              








-Pen drawing like copperplate by Yuuichiro Maeda-
前田雄一郎による、二度目の個展。今回はペン画のみならず、木版画による蔵書票も製作。
※蔵書票とは、書籍の見返し部分に貼り付け、その所有者を示すために用いられる紙片です。



             





          








       








Medioevo 中世に還る-
Rentrez a la moyan age.-
作家、三上柳子による、テンペラ画および銅版画蔵書票展
会期:2018/11/3(土)〜11/16(金) 13:00〜18:00 , 19:00〜24:00 ,     木曜定休 












Current and Past Exhibition is below.
会期:2018/9/8(土)〜9/29(土) 13:00〜18:00 , 19:00〜24:00     木曜定休


             EX-LIBRIS de l'ecole de Paris
エコール・ドゥ・パリと蔵書票
俗に蔵書票と呼称される、書籍に貼り付けてその持ち主を示す紙片がある。
今回は、ジャン・コクトー、レオナール・フジタ、マリーローランサン、
アルフォンス・ミュシャ等、エコール・ド・パリを彩った画家たちが製作
した、知られざる蔵書票の世界を展示形式で披露する。
また展示に併せて、蔵書票を製作するワークショップを開催。



            





                          
 藤 田 嗣 治  非売品





            








             





                  






2017/07/09(sun)-2017/07/23(sun)


                  





                








             






2017/09/10~2017/09/24


             





              






本物だそうです。すごいですね!
1週間位しか展示されていません!
その後は地方の美術館に展示されます。



           





                   





             





                                           








            





                                            





                         





                                          








「蔵書票」とは、書籍に貼り付け、その所有者を示す紙片である。
仮にその意義を失ってしまったとしたなら
後に残るものは、蔵書票という言葉の残骸に過ぎない。



             





                             






平成30年3月17日~

アブサンスプーンとは、グラス上部に配置し、
透かし部分に角砂糖を載せてその上からアブサンを注いで点火。
その際の炎の揺らぎと炎に映し出された光を愉しむそうです


「アブサン(仏: absinthe)は、フランス、スイス、チェコ、スペインを中心に
ヨーロッパ各国 で作られている薬草系リキュールの一つ。
ニガヨモギ、アニス、ウイキョウなどを中心に 複数のハーブ、スパイスが主成分である。



             





           
 





(平成30年4/8(sun)~4/22)


            





            





                                    





          






2018/7/14-2018/7/28

鉛筆画だそうです!


             





             






exhibit 2018.18.8.-9.1
切り絵だそうです。


             





                          





                













Copyright (C) K. Asasaka All Rights Reserved