スカイ姫のつぶやき19
月 岡 芳 年 ギャラリー

                                        to top page
歌川国芳門人、のち菊池容斎に私淑。歴史画、美人画に作品を遺したほか、
新聞挿絵も手掛ける。   作画期:嘉永(1848-54)末~没年
別称・通称:玉桜(ぎょくおう)玉桜楼(ぎょくおうろう)一魁斎(いっかいさい)大蘇(だいそ)




 
つきの百姿 いてしほの月
   
つきの百姿 夕顔の夕涼み
   



     
 

月百姿 読書の月 子路  
   
百姿 卒都婆の月 
   



 

月百姿 ほとゝきすなをも雲ゐに上るかな 
頼政とりあへす 弓張月のいるにまかせて 
 
 

つき百姿 千代能かいたゝく桶の底ぬけて
 みつたまらねは月もやとらす

   



 
 
つきの百姿 法輪時の月 
 
金杉橋 芝浦  
 



 
 

月百姿 石山月  
 
月百姿 五條橋の月  
   



 

月百姿 赤壁月
 
   
月百姿 かしかまし野もせにすたく虫の
音よ我たになかくものをこそおもへ
 
 



 
 

つき百姿 盆の月  
 
月百姿 朧夜月 熊坂   
 



 
 

月百姿 北山月 豊原統秋   
   
月百姿 月明林下美人来  
 



 
 

月百姿 金時山の月
 
 
 
 月百姿 田毎ある中にもつらき辻君の 
かほさらしなや運の月かけ 一とせ
 
 



 
 
 
つき百姿 世尊寺の月 少将義孝
 
 
月百姿 名月や来て見よかしのひたい際
 深見自休
 
 



 
 

つき百姿 宮路山の月 師長
 
 
月百姿 西宮夜静百花香 欲捲珠簾春恨長
斜抱雲和深見月 朧々樹色隠照陽 王昌齢
 
 



 
 

月百姿 神事残月 旧山王祭
   
つきの百姿 しらしらとしらけたる夜の月
かけに 雪かきわけて梅の花折る 公任  
 



 
 

月百姿 玉兔 孫悟空
 
月百姿 きぬたの月 夕霧 
 



 
 

月百姿 忍岡月 玉淵斎
 
つきの百姿 君は今駒
   



 

月百姿 南海月  
 
月百姿 から衣うつ音きけは月きよみ
 またねぬ人を空にしるかな 経信 
 
 



 
 

月百姿 仮庵の月 
 
月百姿 孤家月  
 



 
 

月百姿 舵楼の月 平清経  
 
相模守北条高時  
 



 
 

主計頭加藤清正   
            
相模守北条最明寺入道時頼   
 



 
 

平相国清盛  
 
阪田公時・源頼光  
 



 
 

野見宿称・当麻蹴速  
 
吉野山夜半月 伊賀局   
 



 
 

嫦 娥 奔 月   
 
鶏鳴山の月 子房  

                                       ペ ー ジ ト ッ プ へ










Copyright (C) 2011 K Asasaka All Rights Reserved